Welcome to *** Nihonga motorcycle *** ! ! !

01 01, 2020 | 所さんのサイン

35
GS1000300.jpg ⬅︎ Instagram ⬅︎ works ⬅︎藤岡秀夫の作家経歴?

またまたいただいてしまいました。

12 09, 2019 | 肉など

2
またまたブロ友のこてつぱんさんからいただいてしまいました。



蕎麦。
しかも、家族分でたくさんいただきました!
ありがとうございます。


こてつぱんさんの手打ち蕎麦はいつもむちゃくちゃ旨いので、
家族皆で大興奮です。

今回はタチアカネという品種の蕎麦です。

タチアカネは白い花に赤い実をつけるということで、
とても縁起がいいですね。


paribiere.jpg
うれしいフランス土産まで。



そして!
蕎麦と言えばこれです↓↓↓。
sobayushochu.jpg
蕎麦湯で焼酎。

美味すぎて、やり過ぎて、イチコロです。。

こてつぱんさん、ありがとうございます(^^)/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

鳴門骨

12 01, 2019 | 釣り!

2
先日の鯛、

75cmの方は刺身と鯛しゃぶ、あら炊きでいただきました。

taiurokotori75.jpg
鯉みたいなウロコ。



いつも我が娘は
肉も魚も骨までしゃぶりつくすのですが、

途中、何か変に膨らんだ骨を発見。

調べてみると『鳴門骨』と言うそうで、
披露骨折したところが膨らんでできる骨の塊で
荒波を泳いで生き抜いた最高級の天然物の証だそうです。


ただ、やはりこの大きさだと味的にはちょっと・・

とかなんとか宣いながら食したのですが、
今度は「この大きさの鯛だと何年物なのかな?」なんてことがふと気になり、

調べて見たら、
なんと!75cmだと、だいたい12〜13年物!!だそうで、

ひょっとして娘と同い年!

なんてことが判明。

海の底で10年以上も生き抜いてきたんだなぁ・・と思いを馳せると、
大味だとかなんとか行ってる場合ではありません。
ありがたくいただかねばバチが当たります。



で、

こちら
60taisashimi.jpg
60cmの方の鯛。
6人で分けて一人前がこの量です。

釣ってすぐシメて、家に帰って捌いて冷蔵庫でおいてから三日。
刺身で食して、残りを鯛茶漬けで。

こちらは言うまでもなく最高に旨かったです。
特に茶漬けは最強でした。


鯛に感謝。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

75cm真鯛!!

11 24, 2019 | 釣り!

2
いい天気になる予報でした。
波も高くないし、今日は行ける!

先日近くにいた自分と同じようなカヤックのおじさんが
80クラスの真鯛を釣り上げたポイントに入るべく、意気込んで出港。


沖へ出ると少し風があり、波もそこそこ。
しかし、この日は全てが当たりました!

*いつも行きしのファミマでおにぎりを買う時、
安いからとシーチキンマヨを買うと釣果がいまいちな気がしていたので
この日ははじめてタラコマヨにしたのですが、それも大当たりでした!




底の方でベイトが動くのが見えました(もちろん魚探で)。

タイラバでは反応がありませんので、
思い切って大きめのジグを投入。

最初に来たのは真鯛60cm
たてのツッコミは本当におもしろいです。


60tai1.jpg
綺麗な真鯛
アイシャドウもくっきり。
目があまりにも綺麗で、シメるのをためらうぐらいでした。

しかしながらもうこのクラスだと、カヤックの上でシメて血抜きするだけで一苦労です。
イイ真鯛が取れたので、もう帰ってもイイくらいの気持ちになりましたが
反応が続くので再びジグを投入。

すると今度は
80sawara1.jpg
サワラ80cm!

これまたびっくりの引きで大満足。

しかし、問題は釣り上げた後です。
波のうねりも無いわけではないので、
大きいのが二匹も来てカヤックの上は軽くパニック状態です。


まだ朝早いけどホンマにもう帰ろうかな・・
そんな考えが頭の中をよぎっている時、

15m横で突然、メーターオーバーのシーラがナブラを起こします。

背中が海面から出てはっきりと見えたので分かりました。
自分の見立てでは150cmはありました。

何も釣れていなかったらルアーを投げたかもしれませんが
今のこの波の状態と疲れ具合で
もしあんなのが掛かったら・・恐怖しかありません。。
見ないことにしました。

ただ、めちゃくちゃ綺麗な色!
うっすら水を被った状態で日の光を浴びて
なんとも言えない虹色に輝いて
本当にこの世のものと思えない色。
それは忘れられません。


その後、サワラの血抜きを終わり
もう帰ろうと思いましたが、まあ後1投ぐらいしてみようとジグを落としたんです。。


こういう時にくるんですね。

むちゃくちゃな縦のツッコミ。

75tai1.jpg
75cmの真鯛。。

長さ測るのとか、シメるのとか無理です。

もうどうしようなくなってこの時点で強制終了でした。



75tai2.jpg
60cmの真鯛がおチビさんに見えます。


しかしながら、60cmの方は本当に美味しそうなのに対して、
75cmの方は見るからに美味しくなさそう・・。



75cmtai3.jpg
家に持って帰ってからも
大きさには家族もびっくり仰天でしたが、

これどないする・・。


次は80オーバーを・・狙う?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

初、沈。。

11 19, 2019 | 釣り!

2
11月に入って
仕事も週末に泊まりの仕事やらなんやらかんやら、
中々忙しい上に、体調が絶不調。
夜、帰宅してからパソコンの前に座ることもおっくうで
とてもブログを上げる気になれませんでした。。

ですが、なんとか先日の日曜日は
体調も回復してきて、カヤックを積んで海に行く都合がつきましたので
久しぶりに出航!と、意気込んで出掛けたのですが・・。



カヤックを購入してまもなく1年、
行ける時は全て行く!と、眠い目をこすりながら
トータルで何回出航したことでしょう。
そこまでしなくてもええやん。と、自分に負けそうなときも多々ありましたが、
日が空くとあれこれ要領を忘れてしまいますので
自分を奮い立たせて漕ぎ出しました。。


しかし!
体調面やメンタル面、全てにおいて甘い気持ちは禁物ですね。
相手は自然です。

初の『沈』を体験してしまいました。
*カヤックでひっくり返るのを「沈」と言うそうです。


hamadekoke.jpg
歩いて入ることが出来ない浜がありましたので、ここで少し休憩したんです。
その後、再び漕ぎ出そうと海に入るときです。
油断しました。。


少し強めの風がある日でしたから、
押し寄せる波が、小さいながらも勢いがありました。

出航するとき、カヤックは波に対して垂直に入っていかなければならないところを
少し横向きに入ってしまったのです。
ですが、「まぁ行けるやろ」と、乗り込んだところ、瞬間波に対してカヤックは真横になってしまい、
一つの波でかなり傾いたかと思うとすかさず次の波が!
カヤックの右半分ぐらいに、バサッと海水をかぶった!と思ったらもうひっくり返っていました。。

一瞬です。
水の力を甘くみていました。


竿や道具は落ちないよう工夫していますのでほとんど大丈夫だったのですが、
何年も使った大事なハサミを流されてしまいました。

しかし、そんなことより
今回は水深70cmでの沈で足がつく上、
フルドライスーツを着用しており服が濡れることもなく大事にはいたりませんでしたが、
ひっくり返ってみて思うことは、
これは普通に沖でも起こりうることだなぁ・・ということです。
今まで無かったことの方が不思議かもしれない、と思うぐらい簡単にひっくり返りました。


今回本当に勉強になりました。
決して油断してはなりません。
『いい経験になった』と言うレベルで済んで幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

80cmクラスの・・。

11 02, 2019 | 釣り!

0
近頃、ブログに上げることが釣りの話題しかない上、
大物が釣れてからアップしようと目論んでいるうちに
2週間ぐらいあっという間に過ぎ去っています。。




この日、いつもと違う初めての場所に行って見ました。



朝日がとても綺麗でした。



asahi3.jpg

水温も下がって来ていますので、少し緊張しましたが



ako1910.jpg
幸先よく40cm越えのキジハタが出てくれました!
買えば6000円〜7000円!
これは嬉しい!


ただ、その後はサゴシが出たものの、エソ、エソ、エソのエソ祭り。。



しかし、
近くに同じくカヤックで浮いていたおじさんが、80cmクラスのオバケ鯛を釣り上げているのを見ました。
ものすごい大きさでドロ〜んと膝の上に抱えて、
クーラーに入らないから一度戻ると言って漕ぎ去って行きました。

羨ましい。。

自分の方に来てくれよ〜
とも思いましたが、
カヤックで出られる範囲にあんなのがいるんだ・・と思うと今後に期待大です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

Next Page »

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集
作品ご希望の方お問い合わせください。
イベントなど作品貸し出します。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
所さんのサイン (7)
世田谷ベース (4)
exhibition (5)
Harley-Davidson (99)
HDJ! (1)
Single (15)
Twin (10)
Flat (16)
Knuckle (18)
Knuckle 『ある難しい質問』 (1)
Pan (19)
XR (2)
Shovel (7)
evolution (5)
Twin Cam (1)
Chopper (4)
Classic-Motorcycle (59)
crocker (1)
Ducati (2)
Norton (10)
BMW (4)
Garelli (1)
Motoguzzi (4)
Triumph (5)
Honda (10)
kawasaki (2)
Suzuki (13)
Yamaha (7)
other works (94)
Apple (1)
American Eagle(迷い・考) (1)
American Buffalo (3)
Demon (3)
heavy metal (2)
Lotus (2)
Ford (10)
pistol (4)
boots (1)
excalibur (2)
tank (3)
kids kitchen (2)
beads (2)
welcomeboard (1)
helmet (31)
竜燈鬼(デッサン考) (1)
雪だるま (4)
TimeMachine (2)
Two wheels forever (1)
illustration (44)
Pinstripe (4)
革 (52)
saddlebag (2)
T-shirts (27)
こんな展示どうでしょう (10)
other (488)
Album (137)
Atelier (8)
散策 (23)
exhibition report (6)
cinema report (11)
日本画技法 (10)
日本画技法(金箔考) (1)
日本画技法(目について) (1)
Basktball (20)
SEMBA (1)
VIBES (2)
CLUB HARLEY (3)
daiet (5)
木工 (8)
つぶやき (16)
つぶやき(自由・考) (1)
プラモデル (2)
猫 (8)
らーめん (39)
とんかつ (3)
肉など (26)
SUZUKA (13)
釣り! (36)
愛車 (73)
未分類 (1)
Renault (3)
イラスト (1)
Bruce Lee (0)
My Works
rakugaki11のコピー150
↑作品集はこちら↑
twitter
Link
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム