下描き完了

12 05, 2018 | Honda

0
SF14、MUGENの山本君、墨入れ完了しました。


(画像拡大します)

5時間ぶっ続けで描ききってやりました。

これから色をかけて一度つぶし、
再度描き出します。


でも、考えてみると

いつもビンテージな物ばかり描いておりますので、
ごく最近の車を描くのは初めてかも知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

やっと次作描き出しました。

11 30, 2018 | Honda

0
11月30日、いい竿の日かな?と思ってしまうのはこの一年釣りのことばかり考えてきたからでしょうか。
そんな月末、本日はプレミアムフライデー。


前回のバリーから随分時間が経ってしまいましたが、
やっと次回作を描き始めております。



高校生の時にアクリルで色紙にF1を描いた以来のフォーミュラカーです。

日本画で描くのは初めてになります。



mugen16mokutan730.jpg
今年のスーパーフォーミュラチャンピオンの山本選手です。(下描きの下描きですが、画像拡大します)


4月と10月、開幕戦と最終戦を鈴鹿へ見に行きました。
よく考えて見ますと、両方ともこの山本君が勝ちましたので
自分は彼が勝ったレースしか見ておりません。


最終戦のラストラップ直前のシケインでのブレーキングは鬼気迫るものでした。
山本選手優勝おめでとう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

影響。

10 16, 2012 | Honda

4
近頃ピンストライプの練習でおろそかになりがちでした本職の方ですが、
NR500、やっと仕上がりました。


HONDA NR500(727×606mm)

先日アップした途中経過と見比べると
“ぼや〜っ”としたところから形を浮かび上がらせるように描いて行く手順がお分かりいただけるのではと、
勝手に考えておりますが、

私の場合、この「もやっと」した何かの塊を削って磨いて造形する描き方を好んで使います。
この感覚は粘土などで彫塑をしている感覚に近く、画面の上で粘土を盛ったり削ったりするつもりで描くのです。



そしてそして、今回は何と言っても!
ピンストライプの練習が絵筆の使い方にものすごく影響をもたらしてくれました。
加えて、一本一本の線に対する想いが明らかに増しました。

今まで避けてきた筆遣いにもチャレンジするようになって、またそれが出来るようになって、
画面にも「確かなもの」を一つプラスすることが出来るようになったと感じています。


ピンストの練習をすることで、今までの自分の蒼さ、技術の甘さを一つ解決してくれそうな予感がします。



〜〜〜○〜〜〜


かわいらしい?ペン画を描いてみました。




toshokanf580.jpg
図書関係の冊子の表紙デザインを頼まれて試作として描いたのですが、

こんな感じの絵、久々すぎて自分でも不思議な感覚を覚えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

NR500とナセル風小物入れ

10 04, 2012 | Honda

2
途中経過です。

下描きを終え、色をかけてもう一度ぼかした状態です。
下描きは7割方つぶれてしまいますが、残りの三割が色の下からいい味を出して残ってくれます。


ここから更に描き込んで、細かい部分も徹底的に仕上げてゆきます。



*前回アップしたときにはクイズのようになってしまいましたが、
このバイクは『HONDA、NR500』です。
2スト全盛のGPに、4ストで復帰をかけたホンダが、『長円ピストン』、モノコックフレームなどなど秘策を詰め込んで作り上げた夢のマシン『NR1』です。


〜〜〜○〜〜〜○〜〜〜
&
ライト上部に小物入れでも乗せてみようかなあ・・と、ぼんやり考えておりましたら、
以前制作したボトルホルダーが目に着き、
取り付けてみたところぴったりハマってくれました。

naselebag.jpg
偶然出来た、ヘッドライトナセル風の革小物入れ。

側面の三角形がとってもいい感じ。
今度また、型をおこしてきちんと制作してみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

製作中、

09 22, 2012 | Honda

6
現在製作中の作品です。



カウル側面にある黒い長方形、

これを見ただけでこのバイクの名が分かる人は
本当にモータースポーツを愛している人なのでしょうね。

*私は不勉強ですので最近教えていただきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

ミニバイクシリーズ(2010.12.4)

12 04, 2010 | Honda

0
サムホールサイズでモトラを描きました。

もとら1

可愛らしいですね。
もとら2

スーパーカブ! (2010.7.17)

07 17, 2010 | Honda

0
65ccのスーパーカブをサムホールサイズ(227×158mm)で描いてみました。

足下の風よけなどないのですが、かなり古いもののようでノーマルかどうかも分かりません。
(65ccの物は1964年に販売されているようです)

この絵、すごく可愛らしく仕上がりました。

Super Cub 227×158mm(ほぼ実物大です)

Desk1.jpg
デスクにちょこんと飾れる日本画です。

Desk2.jpg
しかもカブ。


そして、ついでにご紹介します。
MY( HIDEO) ACEのダッシュボードでシュートを打ち続けるリチャード・ハミルトンさんです。
ハミルトン
矢印を入れてみましたが、
この角度が重要なのです!

バスケットボールをよくご存知の方なら、この角度にドキドキしてしまうはず!です。

ダッシュボードの上ではフロントガラスというディフェンスをはずす絶妙な角度になっていますが、
実際のバスケットでもディフェンスのブロックをはずすため、後ろに飛んでシュートを打ちます。

fade away shootといいます。

しかしっ!
このシュートを中学生や高校生にやらせてはいけません。

なぜかといいますと、
バスケットボールで最も大事なことの一つである、“あること”が出来なくなってしまうからです!
*ヒント:・・・を制する者はゲームを制する(スラムダンク名言集より)


ただ、リバウンド(答えをばらしていますが)に味方の選手が入れている時は別です、
その辺りは判断の難しいところです。

しかし、出来る限りフェイダウェイをせずにシュートしてほしいものです。

フェイダウェイは逃げの姿勢です。
中高生では、強いチームほどそんなシュートは見せません。


NBAのハミルトンさんはフェイドアウェイしても普通に入ります。
だからしてもいいのです。

*ちなみに、NBAでは210cm以上の選手がfade away shootをしてしまいます。
誰も止められません。


FC2 Blog Ranking

Next Page »

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集
作品ご希望の方お問い合わせください。
イベントなど作品貸し出します。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
↑作品集はこちら↑
twitter
Link
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム