しろくまモン

01 16, 2017 | 雪だるま

4
雪が降ったらやらねばならないことがあります。


今回の子どもらのリクエストは『くまモン』


午前中は仕事に行っておりましたから
電話で「くまモン作って」、と聞いた時は
「くまモンなら自分らで作ってみたら」と答えていたのですが

帰宅していざ作り始めると・・

前回制作のジバニャンと同じで単純な形だけにバランスがとても難しいのです。

ゆるキャラで可愛いと人気のものは実は最も作りづらいと再度実感。
しかもくまモンは色が黒。。

なかなかどうして苦戦を強いられました。




しろくまモン。


sirokumamon2.jpg

くまモンの色を抜いた状態・・
パンダを色無しで作るのと同じくらい難しかった!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

降りましたね〜

01 03, 2015 | 雪だるま

4
昨日は名阪(四日市)から新名神、名神(京都東)まで
ピンポイントで自分の帰宅ルートが完全封鎖。

下道(1号線)で一度は帰宅を試みたものの、亀山で渋滞にはまり
いつもの渋滞ではない異様な雰囲気にどうも嫌な予感がしましたので
四日市の実家に引き返し、もう一日帰宅を延ばしたのですが、

後でツイッターなど見てみると
滋賀県内では下りでも『一時間に100mぐらいしか進まない』ような事態になっていたそうで・・。

「そのまま突っ込まなくて良かったぁ。。」



でも、今日は今日で結構な雪が残っており
1号線では途中、チェーンはめて帰ってきました。


そして帰宅後は恒例の、

雪像作り!!



『地縛霊になった猫の像』



jibanyan2.jpg
中1と小5の男の子たちがちょこっと手伝えるようになって
少しは手間が減りました。



jibanyan3.jpg
作る前は「こんな簡単なのどうかなぁ、ベタやし〜」と考えておりましたが、

しかし!
作ってみて非常〜に難しいことが判明!

絶妙なバランスでこのキャラクターが描かれていることがよくよく分かりました。

人気はだてではないのですね〜、
やっぱりこの可愛さは本物だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

今年、2度目の雪だるま(2011.1.17)

01 17, 2011 | 雪だるま

0
しかし今年はよく降ります。


朝はこんな様子でした。

2011117雪



で、

偶然にも本日は時間がありましたので、

お正月に続き!←
第二弾!



作ってしまいました。

ゼンマイ1
頭にゼンマイを乗せた子供のサムライ(135×60cm 雪)



娘っ子も大喜び!!!

ゼンマイジフ



雪が降ると、
ご近所の期待のまなざしを感じる今日この頃・・・。



*しかし、今回のゼン◯イ君は、かなり『作りづらい』と感じました。

線書きだけのキャラクターを立体に起こす作業が難しいのは当たり前ですが、
昔のキャラクターたちは線で書かれていても裏側があるというのか、
見た目も中身も、もっと立体を感じたような・・・。

可愛らしいのは確かなのですが・・・、

と、
勝手にそんな思いに捕われながら制作しておりました。

結果として、今回の雪だるまは『迷い』を感じるものとなってしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中学バスケ1

謹んで新年のお祝いを申し上げます

01 02, 2011 | 雪だるま

0
謹んで新年のお祝いを申し上げます。

昨年は様々な方面で皆様方に大変お世話になり、誠にありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
本年も昨年同様よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。



さて、

実家からもどると、
大晦日からの雪が!

さすが京都市内では一番の豪雪地帯。
(京都の人なら、この一言で場所が特定できてしまいます)


ということで、三年前のドラちゃんに続いて、

ハットリ君の登場です!!!
ハットリ君3
Ninja boy (165cm×85cm、雪)

ハットリ君1

↓ちなみに三年前のドラちゃんです↓
どら3



2時間ほどでハットリ君を仕上げた後、
迦陵頻での展覧会の様子をうかがいに八坂神社方面へ、


EPOちゃんで行くつもりが、少しだけ雨が降っておりましたので、
車で行ってしまいました・・・。


おバカでした
京都の三が日をなめておりました。
八坂神社前2
八坂神社前
車を停める場所などあるはずも無く、
あったとしても、1時間\1200!!!

*迦陵頻の前の通りは歩行者専用になっております。


大渋滞の中、
近くを通り過ぎることが精一杯で

自分の展覧会にたどり着けませんでした。


しかも、市内中心部の全ての通りが大渋滞。
家に帰るにもなかなか帰れず・・・


*展覧会へお越しの際は、京阪四条駅から徒歩で来られることをお薦めします。
バスも車内は相当厳しそうでした。

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム