バリーの下描き。

07 20, 2018 | Suzuki

2
バリーの日本画、

下描きまで完了しました。

7suzukisumi550.jpg
画像拡大します。




〜そして、〜

久々の50アップ出ました!

bass55.jpg
55cmでまたまた1cmの記録更新です。

水深20cmぐらいの岸際、
“ど”シャローにポッパーを落としただけです。

何も動かす前に『バシャッ!』

上手い下手は関係ありません。
そこに行ってルアーを投げるかどうかだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

6月も終わり

06 29, 2018 | Suzuki

2
この絵の元の写真を見たとき
ビビっ!ときたんです。

次に描くのはこれだ、と。


ですから、「パネルを用意したらすぐにでも描き出せるぞ」
と考えていたのですが・・


いざ描こうと思ってもう一度元の写真を見たら、
気付いてしまったのです。。

これは・・

「髪の毛との格闘になるな・・。」


とか考えているうちに2週間以上が過ぎ、
もう6月も終わりですね。





〜釣り〜
5月に比べて6月は結構厳しかったです。
でもトップで出てくれるのでとても楽しい。

popmaxnite.jpg
本年、37本目。
目標は100本。まだまだ遠い道のりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

GS1000

04 17, 2018 | Suzuki

2
もう少しで完成だから次は完成作品でブログを上げよう。。

と、考えておりましたら
あと少しのところで足踏みし過ぎてしまいました。

前回記事から2週間は開け過ぎです。
(自分の中の基準でしかありませんが・・)


さて、

ようやく完成いたしました。


GS 1000(652×455mm)


第一回の8耐を勝利した伝説のヨシムラチューンのGS1000。
カッコ良過ぎです。
いつものようにバイクがカッコいいので自分の絵も良くなります。


*久しぶりに展覧会をしたいなぁという思いが込み上げてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

GS1000の途中経過

03 26, 2018 | Suzuki

2
墨入れまで完了した GS1000です。


カッコイイですねぇ・・

GS1000、ほんまに欲しい。。

(画像クリックで少しだけ拡大します)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

GS1000を

03 11, 2018 | Suzuki

0
次の作品を描き出しました。




第1回の8耐を制したGS 1000です。

ヨシムラチューンのGS1000を描かせてもらっています。

市販のノンカウルもずっと描きたかったのですが
まずはこちらを描こうと思います。

本物のカッコイイバイクです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

BMW R32

02 17, 2018 | BMW

2
やっと仕上がりました。

bmwr32730.jpg
BMW R32(910×606mm)

姿が美しいので、やはり絵になります。


〜ところで〜

自分は旧車を主に描いていますが、
今の車やバイクだって「いいなぁ」と思えるものがあれば描きたいといつも思っています。

でも、なかなか無いんですねぇ。。

なぜでしょう?


自分なりに考えるのですが、
今の車って造形的になんでもできてしまうので
やり過ぎてしまうんじゃないかな、と思うのと
もう、デザインも出尽くしてしまっているんじゃないかと。。

ですから、そうするのが当たり前だとは思うのですが、
どうしても『カッコ良さをねらってしまう』んですね。

そこで失われてしまうものは『素朴さ』だと思うんです。

素朴なカッコ良さがなくなって、
誰かが「これってかっこいいだろ!」と無理やり形にしたものを
あーでもないこーでもないと、
なんの手がかりもなく論じているようなバラバラなデザインになってしまいます。

例えば、ライトのレンズがガラスだったら丸か四角ぐらいしかできないので
そこには誰もが自然に受け入れることができる素朴な良さが生まれますが、
LEDとプラスチックでなんでもできてしまうと、何かをねらって形を生み出さねばならない。
ということです。

今の時代はおそらく、デザイナーが個性的でいい車を!と、
頑張れば頑張るほど作為的でねらった車になるのでしょう。

ですから、デザイナーは不必要に頑張ったらダメなんです。

・・余計に大変ですね。




でもこの↓↓コンセプトモデルはカッコイイと思います。
R5 Hommage

やはり偉大な『手がかり』があると違いますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

描いているところ

01 31, 2018 | BMW

0
制作中のBMW R32ですが、

下描きで墨を入れているところを撮影してみました。





だいたいこんなペースで描いていきます。


お絵描きYouTuberとかやってみようかな。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

Next Page »

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集
作品ご希望の方お問い合わせください。
イベントなど作品貸し出します。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
↑作品集はこちら↑
twitter
Link
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム