二輪は永遠

04 27, 2013 | Two wheels forever

6
Two wheels forever...



なのですが、

これを日本画にしてみて迷ったのは、

『色』です。


やっぱり龍の色は緑ですよね。
でも龍の色なんて誰も決めてないし決まってないので迷いまくりました。

ではなぜ龍が緑っぽい色で描かれることが多いのかと言えば・・
トカゲが緑に近い色だから?でしょうか。

龍と言う想像上の生き物(?)が生まれた歴史を想えば当たり前のことかも知れませんが、
もちろん龍は緑でなくてもかまいません。


〜○〜
今回の作品にあえて使った、古い絵画や彫刻によく使われている『緑』と『赤』。
いわゆる『緑青(りょくしょう)』と『紅殻(べんがら)』です。

実はこの二つを一緒に使うことは『補色』の関係にありますから
とっても難しいのです。


twowheels2.jpg


おそらくですが、
今目にする広告やら商品やらで緑と赤の補色を思い切って使っているものは皆無です。
では、むか〜しむかしの仏画や仏像彫刻、建築物ではこの組み合わせが当たり前だったのはなぜでしょう?


自分はな〜んとなく分かるような気がしますが、
はっきりと答えることが出来るものでもないので
無責任ですが今回は投げかけるだけで失礼してしまいます。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム