青いヨンパチです

04 30, 2010 | Pan

0
今度は青いヨンパチを描いてみました。
この作品の“青”は、浅黄群青(あさぎぐんじょう)という名の岩絵具(いわえのぐ)を主に使用して表現しています。
日本画の場合、「この色を使いたいから、こういう絵を描こう」といった動機で描き出すことが多くあるように思います。
絵の具自体が持つ魅力、その存在感は、使用するだけで様々な意味を画面に塗り込めることが出来ます。

ヨンパチ青
The First Panhead 1810mm×920mm

今回、この作品は描き出す向きとして、“洋金箔(ようきんぱく)の赤口”と“浅黄群青”を対比させ、少し重ためな近代洋画の雰囲気を出してみようと考え制作しました。
先日の赤いヨンパチは“銀箔”、“方解末(ほうかいまつ)”など使用して、“輝き”を重視しています。
そんな“微妙な雰囲気の違い”を描き分けることに、絵描きとしての私の生きる道があるようです。

*浅黄群青は新岩絵具の一つで、陶器に使われる釉薬の製法を応用し、ガラス原料と金属参加物を高温で溶かし、発色させて岩石状にし、これを粉砕して粒子分けしたものです。天然の鉱石を砕いた絵具ではありませんが、他のどの絵具にもない、その独特の“少し重たい風合いの青”は、のどを一瞬詰まらせるようなすごみのある色です。
風格のある青いヨンパチに、これ以上ぴったりな色はないように感じます。




ついでご紹介します。
絵描きは「絵を単純に描くだけで不自由なく生活していける」ことにあこがれを持つものです?が、実際は描く以前にいろんなことをせねばなりません。(例えば、絵の具代を稼ぐこと・・・などなど)

その一つ、“どうさ引き”です。
“土砂引き”と書かれた色紙を見たことがありますが、おそらく当て字です。
膠(にかわ)を溶いた液体に明礬(みょうばん)を少量混ぜて、紙にじっくりと染み込ませます。
この作業は、紙のにじみを調節するために行います。
ここで使用している紙は“麻紙(まし)”という紙で、かなり厚みのある紙なので、膠を大量に使用します。
明礬の濃さなどは、紙によってもその調節具合など変わりますので、経験でしか学べない部分かもしれません。

どうさ引きは焦る気持ちを落ち着けて、じっくりとじっくりと行います。
この写真の麻紙は200cm×300cmの大きさですが、全面にどうさを引くには一時間ほどかかります。
土砂引き
水張りの糊が表に染み込んでこないよう、私は必ず水張りをする前、裏表にどうさを引きます。
(この辺りは好みによります。)



今日で四月も終わりですが、Blogをはじめて一月半、新作を15作品アップしました。(過去作品を入れると32作)
三日で1作品のペースになります。
仕事をしながら、家では三人のちびっ子達の相手をして、展覧会の予定もないのにこの大きさでこの密度の作品を三日で1作というのは、手の早さには自信がある方ですが、なかなか頑張れたと思います。

描きたいものがはっきりとしている強みを今更ながら感じますし、私にはよほどバイクを描くことが合っているようです。

赤いヨンパチです

04 27, 2010 | Pan

0
赤いヨンパチを描きました。
前の記事で製作中だったものです。
銀箔を全面に使用した、ヨンパチのプレートです。
迫力のあるいい絵になりました。
赤い絵の具の下にうっすらと浮かび上がるように銀箔がのぞいています。
エアクリーナーカバーの輝き、タンクやエンジンの立体感、重量感を“実際に見ていただきたい!”と願う今日この頃です。

ヨンパチ赤
1948  1810mm×920mm

*1948年式FL、パンヘッド(エンジン上部がキッチンの鍋を裏返したような形をしていることから名付けられました)のファーストモデルです。
88年ソフテイルスプリンガーや97年ヘリテイジスプリンガーを設計する時にこのFLが研究されているそうです。
もちろんフロントフォークのデザインからして当たり前の話でしょうが、全く同じものを作るのではなく、良い所をしっかり残して、新しい物を作るHarley-Davidsonの考え方には共感できますし、またしっかりと良い物を造っている。
まさにFLとFXSTSやFLSTSは、“うまくいっている父と子”のような関係でしょうか。
でも、FXの方はちょっとやんちゃな息子といった感じはしますが・・・。


*ちなみに今、嵐です。台風のような天気です。

雰囲気だけですが、

04 23, 2010 | other works

0
“たまにシリーズ”で、帆船ビィクトリー号です。
イギリス海軍の軍艦で、104門搭載の戦列艦です。現存する唯一の戦列艦だそうです。
小型で機動力に優れた艦を好んだ18世紀当時のイギリス海軍では珍しい、100門以上搭載の一級戦列艦として受注され、1765年進水。
ジョン・ジャーヴィス、ホレーショ・ネルソンら、多くの提督の座乗艦となり、アメリカ独立戦争やナポレオン戦争のいくつかの重要な海戦で旗艦をつとめます。特にトラファルガーの海戦では、フランス・スペイン連合艦隊の隊列に垂直に切り込み、約30分にわたって敵艦隊からの集中砲火を浴びることになりますが、連合艦隊の砲撃の稚拙さにも助けられ、持ちこたえます。
と、ビィクトリー号の歴史について記述してみましたが、最近子ども達が某海賊アニメにはまっており、喜ぶだろうと思って描いてみました。
本当に雰囲気だけの絵です。近づいて見て細かい描き込みを期待すると期待はずれかも知れません。
しかし、夜の港近くの海にたたずむビィクトリー号の雰囲気を出そうと描いた、その思惑どおりの作品になっています。
私の作品は、額が似合わないものが多いですが、珍しく、落ち着いた暗めの色の木製額縁を用意したい作品になりました。
雰囲気のあるBARなどに飾れば、ぴったりの作品だと思います。
(子ども達はBARには連れて行けませんが・・・)

ビィクトリー
HMS Victory 1100mm×915mm


細かい作業と言えば下の写真を見て下さい。
定規
このビィクトリー号製作中の写真ですが、定規を使用しています。
筆でまっすぐの線を引くとき、写真のように定規の溝を使います。(この時は、赤ペンを親指に挟み込んで溝を滑らせています)
私は当たり前のようにこの作業を行いますが、最近はコンピューターでデザインなど行いますから、こんな作業をしている人はあまりいないでしょうね。
高校生のときに美術の先生から教わった技術です。
今でも愛用しています。


ついでに、現在製作中のヨンパチです!
ヨンパチ下書


*悪戦苦闘中の作品はしばらく間をあけようと思います。



HARLEYの絵はすんなり描けてしまいます。

04 20, 2010 | Flat

0
白いフラットヘッドを描いた作品ですが、
昨日の記事の悪戦苦闘作品ではなくその横で同時に描いていた作品です。
Vintage Harley-Davidsonの“旧車らしさ”を表現したつもりです。
そして、このアングルもいいですね。
前輪の立体感など、まねできないと思いますよ(自画自賛ですが・・・)

ホワイトフラット600
White Flat 1100mm×915mm

でも、自画自賛できないような作品は人にお見せできません。

悪戦苦闘中です。

04 19, 2010 | こんな展示どうでしょう

0
ただいま制作中の作品に悪戦苦闘しております。
ブログを始めてから、最長でも四日で作品をアップしておりましたが、少しばかり新しいものに手を出したばかりに時間が掛かってしまいました。
とりあえず、今までの作品を縦に並べて撮った写真が面白いのでアップしてみました。
バイクがあり得ない置き方で並べられているような・・・。
外に並べてみる

ブルーのナックルヘッド

04 14, 2010 | Knuckle

0
ブルーのナックルです。
70年以上も前のバイクですが、“レトロな感じが良い”というわけではなく、“今の感覚で本当にすばらしいデザイン”なのではないでしょうか。

*EL(ナックルヘッド)、ハーレーダビッドソンスタイルの原型となった空冷Vツインの先駆け。OHV(オーバーヘッドバルブ)もこのモデルが最初です。タンクの下、モーター上部分の形が握り拳に似ていることから“ナックルヘッド”と呼ばれるようになりました。
ブルーナックル750
Knucklehead  1710mm×915mm
*青い岩絵具(いわえのぐ)は大変高価なものです、その輝きはまさに宝石です。



銀箔と岩黒で描きました。
空間部分に色味があるのは、周りの景色が写り込んでいるためです。
一式500
一式戦闘機 915mm×540mm

*一式戦闘機(いっしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機です。
愛称は隼(はやぶさ)!
太平洋戦争(大東亜戦争)における陸軍主力戦闘機です。
総生産機数5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零戦に次いで二番目に多く、陸軍機としては第一位になります。

*ちなみに岩黒という岩絵具は、鉄鉱石を砕いたものです。この絵にも、バイクの絵にもぴったりの素材だと思いませんか。

フェラーリ描いてみました

04 11, 2010 | other works

0
“たまに違うもの”シリーズです。
1967年にDaytona24時間を制した、フェラーリ330P4スパイダー#23を描いてみました。

フェラーリ330P4Daytona750
Ferrari330 P4 #23 915mm×540mm


* 今月発売の“所ジョージの世田谷ベース13”で、所さんがXRの絵を紹介してくれている記事が、もう一度掲載されています。
Daytona4月号と同じ記事ですが、すごくうれしいです。所さんが喜んでくれていることがすごく伝わってきます。
  

Next Page »

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム