中華のサカイとフルフェイス

本日のお昼はテストで早めに帰宅した息子と
冷麺で有名な中華のサカイ(みその橋店)へ


冷麺は夏場だけだと思っていたら、年中注文可能になったんですね。


でも豚々麺を注文。
甘めのスープがとても美味しいのです。

sakai2261.jpg




〜○〜
フルフェイスが欲しいと以前書きましたが、

悩みに悩んでついに購入してしまいました。


konanhel1.jpg
こうして見るとそれなりの代物に見えますが、

コーナン製の¥2980。。

おそらく新品としては日本で一、二を争うほどの安物ではないでしょうか。

でも、内装はほどほどで
これだけ安ければチンガードの内側部分はプラスチック見えててもおかしくないのに
内側には合皮に包まれたクッションが!

アゴひももワンタッチ金具付き。

*サイズは大きめのLサイズぐらいで自分にはピッタリ。

もちろんSG通ってますから、
これは装飾品として売ってる小さい帽体のおしゃれ重視なものより
明らかにイイですよ。



・・・そう、見た目が気にならなければ!!



と、いうことで

konanhel2.jpg
早速マスキングして白地塗り。


でもどうせやるならトコトンやりたくなって

konanhel3.jpg
風穴をこわしてしまいました。


konanhel4.jpg
シールドも裸にして
ネジ部分だけ切り取り利用します。

この部分はオリジナルで金具をこさえるか、
シールド上げ下げシステムをあきらめるかのどちらかですね。


konanhel5.jpg
そしてパテ盛り。

しかし、結構器用な方だと思うのですが
いつもパテで苦労します。

結果を早く求めるからでしょうか、
自分の悪いところが見えてきますね。
修行が足りません。

磨いた後、細部までこだわれるよう今一度パテと格闘しましょう。



果たして、

shovel20152252.jpg
コーナンのニーキュッパヘルメットで
このショベルに似合ったフルフェイスを作ることができるでしょうか!


〜つづく〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/26 14:14 ] other らーめん | TB(0) | CM(4)

ビョウキです。


ユニクロの暖パンです。

コーナンのオイルヒーターをまたいで暖をとっておりましたところ、
裾の方が接触しておりまして、ご覧の通りです。

*オイルヒーターはまたがないようにしましょう。



でも、こういう失敗は

rangers1.jpg
楽しめば良し。

rangers2.jpg
good!


調子に乗って、
ついでにユニクロのライトダウンも

rangers3.jpg
『RANGERS』というなぞのメーカーに。。


先日のブーツといい、
とにかくそのまんまは嫌なんですねぇ。
なんでもいいから、なにかしないと落ち着けないのです。


そして、失敗する。。



〜○〜

こちらは

omorashi1.jpg

ロッカーカバーからお漏らし・・。という病気。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/22 16:41 ] | TB(0) | CM(2)

池田屋


美しいアーティストと

zakr1.jpg
美しいダンクを何度も見て

dj1.jpg
美しいバスケットボールプレイヤーに
思いを馳せる休日。
(TV三昧)



〜お昼はまたまた一乗寺〜

本日は池田屋さん。



ikedaya1.jpg
これでラーメン小(野菜マシ)、美しい・・。

肉がごろんと三つ入っていますが
その ゴロント感が強すぎて写真ではうつわの大きさが伝わりません。

嫁はミニラーメンを頼んだのですが
どうやらミニでも麺が180gあるそうで・・。
この野菜と肉の隙間から極太麺(小で300g!)を引っ張りだして食す形となります。

最初の食い出しは美味しくいただけるのですが
味が濃ゆいので、
最後はもういいやぁ〜。ぷふぁ〜。。

となります。


でも店を出て2時間も経つと、また行きたくなるんですね〜。不思議。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/19 14:04 ] other らーめん | TB(0) | CM(2)

ヘルメットほしい。


ず〜〜っと何か文字を入れたかったんです。


20152171.jpg
ピンストライプの塗料を引っ張りだしまして、



20152173.jpg
モーターショウのロゴがかっこ良かったので描いてみますが・・
なんとなくバランスが悪いので、この後すぐに消しました。

こういうとき、溶材のシンナーにイイ物を使っていると
そこそこ時間が経っていても消し去ることが出来ます。

値段の安いシンナーは描いている最中に筆が固まりだします。
素早く乾いて欲しいときと使い分けることが出来ると本物なのでしょうね。



で、結局
ステッカーを作ってお茶濁し。

20152174.jpg
すべてHARLEY-DAVIDSONのロゴ・・、



20152176.jpg

20152175.jpg

・・だと思っていたら、
なにか、レンタルがどうのと書いてますね〜。






まっ、いいか。。

*最近SHOEIとかARAIのフルフェイスが欲しいんですよね〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/17 22:39 ] other works helmet | TB(0) | CM(2)

今年も楽しみにしてました!


京都芸大の作品展にお邪魔しました。

今年は初日の水曜日がちょうど建国記念日でしたから、
京都マラソンで美術館周辺が封鎖される日曜日を避けることが出来ました。
よかった。。

そして旧友2人!と再会もありましたし、
16年ぶりに日本画の先生ともお会いすることがあってかなりサプライズなひとときでしたが、
それもこれもハガキをくれたYさんのおかげ!

Yさん、今年もハガキありがとう!
白と黒のコントラスト、思いきりが良くて活きてましたね〜。
来年も楽しみにしてますよ!






〜&〜
革パンに合わせるブーツのお話。

nankai1.jpg
自分の靴のサイズはどうやら29cmのようです。

昔は28cmか28.5cmだったのですが、今はほとんどの靴がこのサイズでは履けません。
とにかく今の靴って細いですよね。


そして、バイク用のブーツは海外モデルに29cm以上の設定がありますが
これまためちゃくちゃ細い。。しかも値段がめっちゃ高いのでそんなものはいりません!

国内メーカーのもので
手頃な値段&フクラハギまで隠してくれてなるべく本革で・・・29cmは、
29cmは無いのか!と
これまたイッライラしながら探しに探して、
結局、これしかありませんでした。


nankai2.jpg
NANKAIの普通のライディングブーツ(フクラハギワイドタイプ)。
(本革は部分的です)

ほんまにこれしかありませんでした。
ちなみにフクラハギ普通タイプには29cmの設定がありません。


学生時分にこれと同じようなNANKAIのブーツを何年も履き続け、
チャックも壊れソールも穴が空くまですり減ってズタボロになっても
ガムテープ貼ってマジックで黒く塗ったり、黒い布を巻き付けてごまかしたりして履いていました。


だから結局これで良いのかな。。
もう一度ズタボロになるまで履くとしましょう。


でもね、やっぱり少しぐらい違う気分を味わいたいのです。

nankai3.jpg
名前入れる?


nankai4.jpg
RENGERS仕様にする?


それとも

nankai5.jpg
あとで何でも付けられるようにボタンにするか・・


で、悩みに悩んだ結果

gaerne1.jpg
思い切って『ガエルネ』のレトロタイプロゴを手描き。


gaerne2.jpg
NANKAI部品の本物が、
GAERNEのまがい物になりました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/15 15:20 ] other Album | TB(0) | CM(1)

アゴスチーニとYZR500

完成しました。

1975年ヤマハに、と言いますか日本のメーカーに500ccの個人タイトルを初めてもたらしたジャコモ・アゴスチーニです。



YZR500 & Giacomo Agostini

アゴスチーニは言わずと知れたイタリアの英雄です。*もちろん自分はそんなに詳しいわけではありません・・すんません。。
MVアグスタで7年連続のワールドチャンピオンに輝いた後、
ヤマハに移籍して2年目でタイトル獲得。
500cc、350cc合わせて優勝回数122回は未だ破られていない記録です。
(ロッシがあとちょっと!!)

73年の大事故でその年の残りのレースを自粛し、74年も参加が危ぶまれたヤマハにアゴスチーニが自らオファーしたそうです。
フィル・リードにエースの座を奪われたのが主な要因だとか・・
それでも2年でヤマハを優勝に導いたのはすごいと思いますが
そのカゲに第2ライダーである金谷秀夫さんの存在が・・

この時代、日本のメーカーとしては『日本人の第2ライダー』が活躍することは好ましくなかったのですね。。


・・今でもやっぱりそうなのでしょうか。



〜○〜
さて、前回の記事で『』について少しだけ触れましたが、
今回はもう少し専門的に。


実は一言で『』と言っても
水彩画(日本画)のように絵具を透明のものとして認識して使う描き方と
油彩画やアクリル画のように主に不透明なものとして絵具を使う描き方では
同じ『』でも使い方が全く変わるのです。

*絵具を鮮やかに使うための大事な『ミソ』だったりしますので、
 描く人は押さえておいて欲しい事柄です。(かなり限定的!)




もともと透明のフィルターを画面に重ねていくように絵具をかけていく水彩画では
』い絵具は色を濁らせる不透明な存在で、薄く描く場合など全く必要のないこともしばしば。

enogu_201502102025250ce.jpg
*水彩画(日本画)では微妙な色合いは絵具にまかせ、白のかわりに『水』の混ぜる量を考え透明感を調整します。
 ちなみに色の名前は左から『浅葱、草群緑、錆白群、緑青、白緑、花白緑、黄口白緑』


反対に油彩画では絵具をパレットでしっかり混ぜてからキャンバスにおいていきます。
このため『』は色に透明感を与える材料となり、絵具の中でも最も重要で、自然な色合いを出すためには必要不可欠な存在となります。

enoguparetto.jpg
*油彩画では他の絵具に常に白を混ぜます。


ふまえて、描くときの意識として
』は、水彩画では不透明だと考えて、画面の『奥』に対して手前側(こちら側)を描くときに使うのに対し、
油彩画では透明感を出す物と考え、奥行きを出すために絵具に混ぜるもの、と考えるとべストです。

両方の『』の素材自体は
炭酸カルシウムや鉛白、チタンなどで全く同じ原料ですが
同時に使用する他のカラー絵の具や溶材で、使い方が大きく変わるのがおもしろいところですね。
*デジタルの世界ではこういうことは学べません。アナログ万歳!!



もちろん、
油絵でもオイルをたっぷり使って薄く透明感のある塗り方をしたり、ハイライトを入れるときなど
使い方によっては当てはまらない場面もありますが
基本的な事柄として覚えておくと『描くとき』や『見るとき』に必ずやお役に立つことでしょう!!


でもごめんなさい。これは『描く人』でないとかなり難しい話題ですね。
美術の先生でも「奥行きを表現したかったら白混ぜろ!」と簡単に言ってしまう方もいらっしゃいますので
芸大生ぐらいが対象でしょうか。。


結局、言いたいことは
油彩画で『』は極めて当たり前の存在なのに対して、
日本画(水彩画)での『』は極めて扱いの難しいものだということです。

自分は油も彫刻も何でもやりますが、これからも特に日本画にこだわるなら
この『』に最もこだわっていこうと決意したりしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
作品をご希望の方はお問い合わせ下さい→
[ 2015/02/09 22:58 ] Classic-Motorcycle Yamaha | TB(0) | CM(0)

とんかつ、おくだ!

一度行ってみたかったのです。



元田中の『おくだ』さん!(たぬきが縛られてる!)



開店と同時に満席。
揚げるのに時間がかかるのでしょう、注文から30分待ってようやく目の当たりにしました・・



okuda1.jpg
ジャンボロースカツ定食!



okuda5.jpg
4cm!!はあろうかというものすごい厚みのお肉。
なのに奇跡のやわらかさ。。

そしてめっちゃジューシー!
デミグラスのお味も完璧です。

ライスを大盛りにするのは無料ということで迷いましたが、
普通盛りが普通に大盛りでこちらは全く必要なし!



隣のおじさんが食べてた上カツ丼もものすごい量&かなり美味そうで・・
それはそれは素敵なお店です。

明日も行きたい・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2015/02/05 16:08 ] other とんかつ | TB(0) | CM(4)