こころより(2011.1.25)

突然ですが、
夏目漱石『こころ』より

『かつては、その人の前にひざまずいたという記憶が、今度はその人の頭の上に足を載せさせようとするのです。私は未来の侮辱を受けないために、今の尊敬をしりぞけたいと思うのです。私は今より、一層淋しい未来の私を我慢する代わりに、淋しい今の私を我慢したいのです。自由と独立と己れに充ちた現代に生まれた我々はその犠牲として、みんなこの淋しみを味わわなくてならないでしょう』
私はこういう覚悟を有っている先生に対して、云うべき言葉を知らなかった。


・・・後の侮辱を味わってもよいから、今の尊敬を集めたいと考えるのが人の『こころ』だと、漠然と考えて、この人物が持つ人生観までの道のりが私には相当遠いことを思います。

しかしながら、大概の場合、尊敬を集める方法もしらなければ、そんなことを考えている時間もないのが、世の『こころえ』かもしれません。


今回は少し、
最近ブログにまで無理に個性を詰め込もうと考えている自分に対しての戒め。



*私には対象をじっくり見ることしか出来ません。
そしてその後、じっくりと描きます。

自然体で、かろやかに。(をめざして)


GRELLI 350 sprit-single (727×606mm)

<作品に添える言葉>
描いていた対象たちにはそこにはっきりと存在してもらいます。

絶対に

そこに至るまで、描いたとは言いません。



*ガレリ・スプリットシングル350*

1920年代初期、無敵を誇った2ストロークマシン。
当時の長距離イベントでも数え切れないほどの勝利をGPで達成し、混走の500ccマシンをもしばしば打ち負かすほどであった。ガレリの2ストロークは、国際的なレースで成功をおさめた最初のイタリアン・モーターサイクルであり、その後の時代、GPで成功を見た、グッチ、ジレラ、MVアグスタ、ドゥカティのような多くの栄光のブランドの先駆けとなった。

モータサイクルに幾つかのパテントを持つミラノの発明家アルベルト・ガレリが、1913年、急進的な2ストローク350ccエンジンを設計。(レース仕様で16bhp/4000rpm)
ショートスプリントで135km/hなど、1926年までに138個の世界速度記録を樹立。

garelli2.jpg
(角度を変えて見ると不思議な立体感が出ます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[ 2011/01/25 18:13 ] Classic-Motorcycle Garelli | TB(0) | CM(2)

作品を仕上げるまでの書き手の心の状態や、背景がなんとなーくみえる作品もありますね。
やはり書き手にしかない味の作品、すばらしいと思いますよ。
最後まで書き上げるのも大変だと思います。

あたしはもう絵はかかないかもしれませんが、なぜかここでいろんな作品をみていると、毎回、不思議とあたしも何か書きたいな。。と思うのですよ。

ペンスケッチ、夫がクルーザー大好きなのでよろこんで見てましたよ!
これまた味があって最高です。
[ 2011/01/26 15:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ベルボトムさん
コメント有り難うございます。

ぜひぜひ描いてみて下さい。
好きなときに好きなものを描いてみて下さい。

ず~っと続けられる趣味になりますよ!

ペン画はまたちょこちょこいろんなものを描いていきますので楽しみにしておいて下さいね。

hideo


> 作品を仕上げるまでの書き手の心の状態や、背景がなんとなーくみえる作品もありますね。
> やはり書き手にしかない味の作品、すばらしいと思いますよ。
> 最後まで書き上げるのも大変だと思います。
>
> あたしはもう絵はかかないかもしれませんが、なぜかここでいろんな作品をみていると、毎回、不思議とあたしも何か書きたいな。。と思うのですよ。
>
> ペンスケッチ、夫がクルーザー大好きなのでよろこんで見てましたよ!
> これまた味があって最高です。
[ 2011/01/26 17:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bikenoe.blog29.fc2.com/tb.php/150-77ea282e