続・教材研究(2011.2.9)

02 09, 2011 | other

2
先日のてん刻に続き、
本日も教材研究の話題です。

やっと、授業で扱うに現実味を帯びてきた革細工。
(人数分の『道具』を揃えることがけっこう大変なのです)

kawaコースター
*コースター*
刻印の並び方だけで様々な模様を作り出せます。

こんなものをアップしていたら
本業の方に笑われるかもしれませんが、

手作りの良さ、それに対する愛着、完成までの行程からその大変さ、


こういった教材は
様々な想いを育むために中々良い教材だと感じます。



私は絵画(日本画)を専門としていますから
当然、授業はデッサンが中心となり、
その応用から絵画制作・着彩と授業を展開しますが、


時間が許すなら
このような教材を間に挟み気分転換を図ることは必要かもしれません。


ベルト
自分のベルトも教材研究に提供。



*しかし・・・、

「こればかりやりたい!」と言われると話しが変わってしまいます。


絵画を制作することから伝えたいことが“山”ほどありますので、

“かわ”に流される分けにはいきません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バナー24150
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ人気ブログランキングへ

« 京芸作品展+麻生三郎展(2011.2.11) 隠れていないキャラ(2011.2.6) »

2 Comments

革細工っていいですね 私もレザーアイテム好きです
今の時期はTHE FLAT HEADのディアスキンパンツがツーリングにかかせませんっっっ!

by salon TAKAHASHI | 02 11, 2011 - URLedit ]

> 革細工っていいですね 私もレザーアイテム好きです
> 今の時期はTHE FLAT HEADのディアスキンパンツがツーリングにかかせませんっっっ!

ありがとうございます!
革細工ほんとに楽しいです。
もっといろんなものを作ってみたくなります。

by hideo | 02 11, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム