ノートン・マンクス!!!(2011.2.12)

02 12, 2011 | Norton

0
なんと!

情けないことに

昨年、ひと月に10作!と、
ファステストラップを叩き出しながら、脅威のスピードで描いていたことが原因で、
右手親指の付け根あたり、腱鞘炎を煩ってしまいました。
(力入れ過ぎ!)

筆を持つと痛みが!

とほほ・・・。



昔から、勢いあまると無茶をしてしまうたちですから、

「まあ、ちょっと落ち着つけ!」というどなたかのお告げでしょうか。


ということで
長くかかってしまいましたが、

ノートン・マンクス、仕上がりました。

ノートン6
Manx Norton M30 500 (1810×920mm)*画像をクリックするとスライドでご覧いただけます。

ノートン7
このロゴ、なんとも言えず素晴らしいデザインです。

ノートン3

ノートン9
*銀箔はその写り込みによって、雰囲気が相当変化します*

ノートン8

半月ぶりの日本画MOTORCYCLEですので、
写真多めにご紹介。

ノートン11

*ノートン・マンクス
多くのプライベーターに愛された英国の伝説
ノートンファクトリーチームは1930年代中期、マン島とヨーロッパGPの500ccクラスを支配。その後、1955年ファクトリーチームが撤退、しかし、'70年代初期まで多くのプライベーターがこのマシンでレースを続ける。


しかしながら、
このオートバイの形をしっかり眺めていると、

英国の伝統と気品が香り立ち、周りを全て包み込んでしまうような錯覚に捕われます。




そう、伝統と言えば・・・、

再来年度から我が国固有の伝統と文化に親しむことを目的として、中学で『武道』が必修となります。

しかし、死亡事故が他のスポーツに比べて圧倒的に多い『柔道』は、「危険だ!」と連日報道されております。


そこで!、
どうでしょう?

我が国固有の伝統と文化に親しむことが目的であるならっ!


美術で『日本画』必修!!!というのは?


少なくとも、
危なくはありません・・・、

*そのかわり、教材費が跳ね上がります*



<作品に添える言葉>
必要なことは、勢いよりもじっくりと柔らかな香り。




私の大切な友人『三瀬夏之介』君の展覧会行ってきました!
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
26日までです。かなりお薦めです。

そして、そのついでに、
近くの『御金神社』にお参りしてきました。
お金
願い事はご想像のとおり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バナーローライダー
にほんブログ村 バイクブログ 名車・クラシックバイクへ人気ブログランキングへ

« 現在の製作中、(2011.2.16) 京芸作品展+麻生三郎展(2011.2.11) »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム