世田谷ベースV!!!(2011.3.29)

03 29, 2011 | 世田谷ベース

6
先日、

世田谷ベースDVD第五弾(3月18日発売)で「出てますよ!」

と、『世田谷ベース愛媛支部』の『しおん』さんから貴重な情報をいただき、早速注文!


本日届きました!!!!!


一枚目のDisk、世田谷通信のチャプターにて
私の作品を紹介して下さった放送会を収録して下さっています!!!


ちょうど一年前に放送されたものですが
私にとっては昨日のよう・・・です!

世田谷ベース5

皆様、是非『世田谷ベースV』ご購入を!
(左カラムにamazonのリンク貼ってます)

*所さん、圭さん、スタッフの方々に日々感謝。そして『しおん』さんにも感謝!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、
先日の日曜のことですが、久しぶりに伏見に出かけました。

伏見に出かけると必ず立ち寄ってしまうとてもとても有名な場所。
ここだけは写真に収めてきました。

寺田屋
寺田屋。

昨年、寺田屋を訪れたのは龍馬ブーム絶頂の9月でした。(←是非ご覧下さい。)

やはり、休日は観光の方でいっぱいでした。
*私は仕事に行く前の寄り道です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで話はどんどん変わりますが、
この アウトドアブランドをご存知でしょうか?

BUKTA.jpg
Bukta(バクタ)

世界で最も古いイギリスのアウトドアアパレルメーカー、だそうです。
1960年代にはサッカーブランドとしてもアディダスよりバクタだったそうです。



でも、そのブランドロゴを隠すようにブルースブラザーズとフィリックスのワッペンを!!!

ワッペンはる
もったいない!!!





って、ウソです。

実はイズミヤ(関西では名のあるスーパーマーケットです)で購入した2000円のジャンパーに、
マーカーでBuktaと書いたのですが、
案の定、割れてはがれてきたので
それを隠すためにブルースブラザーズとフィリックス君に登場いただいたきました。

*Buktaと書いた時は2000円が15000円に見えたのですが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に現在制作中のゼッケン34!!!

制作中シュワ

じっくりと描いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレゼント企画、エントリー募集中!
RankingFC21jpg.jpgブログ村バナー.1人気ランキング.1

*Kingカズはやっぱり持ってた!

« たまにはこんな・・・(2011.4.1) 自由考、(2011.3.26) »

6 Comments

最新記事の完成写真も素敵ですが、
制作途中も魅力的ですね。

私も先日、日本画的な(アクリルですが)襖絵を描きました。
透明水彩っぽく描きたかったのですが、自分の絵の下手くそさが嫌になりましたw

技法は違えどとても刺激になります。

by key | 04 06, 2011 - URL [ edit ]

> 最新記事の完成写真も素敵ですが、
> 制作途中も魅力的ですね。
>
> 私も先日、日本画的な(アクリルですが)襖絵を描きました。
> 透明水彩っぽく描きたかったのですが、自分の絵の下手くそさが嫌になりましたw
>
> 技法は違えどとても刺激になります。


keyさんコメントありがとう!
私自身、制作中に「ここで筆を置いてもいいだろうな。」と思うときが結構あります。
そういう時は、どこまで細かく描くのかやはり悩みます。
でも、描き過ぎて雰囲気が壊れても構わないからしっかり納得出来るまで描こう!と、
いつもそんな気持を強く持って描ききります。
そうすると一度失敗する時ももちろんありますが、
それでももっと更にしつこく描いてみると必ず制作中に感じた『これでいいかも』という気持よりも
もっと良い絵になったと感じることになります。

hideo

by hideo | 04 06, 2011 - URL [ edit ]

先輩はその努力(とは思っていないでしょうか?)が出来るという点で、まさに鬼に金棒的な、なんともかんとも・・


でも、実は私も作品を完成させるまでは結構執着します。
そのせいで一つの作品が何年も完成しないとかよくあります。

ただ仕事として描く場合はそうもいかないので、納期を迎えるころにはいろんな意味で心がボロボロですw

by key | 04 09, 2011 - URL [ edit ]

keyさんよく分かりますよ。描くもの、テーマによっても大分と心持ちが変わりますが、やはり描くことってそんな単純には行かないですよね。

by hideo | 04 10, 2011 - URL [ edit ]

今日、5年前の世田谷ベース13をなんとなく見ていたら藤岡さんの描かれたXRが載ってて「あー!」と^^
世田谷ベースはこれ1冊しかもってないんですけども。
俺のバイクも載せてくれないかな〜なんて・・・半端な作品は載せてくれないだろうな^^;

by 歩き茄子 | 02 20, 2015 - URL [ edit ]

歩き茄子さん、運命を感じますね!
あれから5年も経ちます。そろそろもう一度作品贈ろうかな〜とか考え中です。
所さんは光るところがあると載せてくれますよ!一度アタックしてみては?!

by 藤岡秀夫 | 02 20, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム