桜(2011.4.2)

04 02, 2011 | 散策

0
別れの季節が過ぎ、

そろそろ出会いの頃となる。


様々な事柄があっても、いつもなんとか心を持ち直して

新たなはじまりを意識する頃。


平野神社4.2

そんなとき、必ず目にする淡くて心地の良い、薄い薄い紅色。

これからはじまる新たな季節を、せかさず、じんわりとやさしく寄り添って、
心穏やかに過ごさせてくれる色。



「花を見に行こう」


平野神社4.2.2


『花見』、
はじまりへの意気込みと不安の両面を、母親か恋人に似た神様に支えてもらいにいくような感覚。


もしもそこにお酒があるならば、そんな桜という穏やかな神様にほんの少し甘えてみるようなもの。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本で暮らす者にとって、桜は特別なものであるはずですが、
どうやら「花見」というと近頃、誤解している方があるようです。

最も大事にしなければならないことは、花を見た時の『特別な気持ち』です。

アーモンド


例えば、
私にとって桜は、気の弱い私の新しい季節を支え続けてくれる神様の一人。

そして、
私にとってお花見とは、桜の色が自然に自分の感覚に溶け込んでいく体験を通して、自分の『感覚の音合わせ』をすること。

です!


(写真は職場からすぐの平野神社にて)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレゼント企画、エントリー募集中!
RankingFC21jpg.jpgブログ村バナー.1人気ランキング.1

« Kevin Schwantz!(2011.4.5) 昨日の朝日新聞(2011.4.1) »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム