つくし。(2011.4.19)

04 19, 2011 | 散策

0
四月に入って中々忙しく・・・、



いつのまにか褐色の“つくし”が、元気に伸び上がっていることにやっと気がつきました。

つくし




頭上の桜はずいぶん話題にのぼりますが、

ふと足下に目をやると、地味~な“つくし”たち。


なぜだか、
いつもの当たり前の地味で苦みのある事柄がこの世の中を支えているのだろうなあ・・・、
などと日々の味わい深い出来事に想いを持っていかれます。




しかし、つくしも桜と同じく春の特別なもののはずです。

ところが、どうしてもつくしを見ると“強く日常を感じてしまう”のはなぜでしょう。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

答えは、


『色』でしょうか。




桜の色はやはり“日常”ではありません。

例えば、
嫁が全身桜色の衣装で目前に登場するとすれば、

間違いなくその違和感から特別な事情を考えるのはさけられません。



それに引き換え、

つくしの色は明らかに日常の色。

言ってしまえば、地味で苦みのある味わい深い『中年な色』。





*『桜が散り始める頃に出てきた、色の濃いつくしが一番美味しい』という話がありますが本当でしょうか?

中々世の中おもしろい・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+現在制作中!

KR途中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〆切り迫る!、作品プレゼントのエントリーは4月末まで。
RankingFC21jpg.jpgブログ村バナー.1人気ランキング.1

« 葉桜(2011.4.23) 御室の桜(2011.4.13) »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム