下書き・木炭(2011.5.12)

05 12, 2011 | Twin

1
近頃、革職人さんのまねごとばかりで

本業の方がおろそかに・・・、




もう一度描きたかった<9E>

下書き完了です。

512sitagaki2.jpg


*私はいつも下書きはこれで済ませます。
木炭
描画用木炭。

高校生の時、この画材に出会ってから

ずっと使い続けています。

感覚にすっと馴染んで
あまり細かいことは出来ないのですが、描き込めば描き込むほどに
やわらかな実在感が画面をつつみます。


木炭の隣は練りゴムです。
その昔、木炭画の濃淡のコントロールは、練りゴムではなく、食パンを使用していました。
私の時代はかろうじて練りゴムが主流の時代です。

食パンは水分の含みによって使い勝手がずいぶん変わりますので、
かなり使いづらく感じます。


でも、今の練りゴムは昔のそれとはまたひと味違います。
袋から取り出して、何にも練っていないのに1メートル!!!ぐらい伸びてしまいます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+偶然の産物。

9Eプリント

膠(にかわ)をかけ過ぎましたので、
紙に吸わせて取ろうとしたら・・・

9Eプリント2
こんな作品が出来上がっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« 平結び。(2011.5.13) ひととおり、(2011.5.10) »

1 Comments

> 木炭デッサン!なつかしい!
> デッサン習ってる時に何度も使いました。
> エッ、ベルボトムがデッサン習いに!と笑えるでしょう。
> 自分でもギャップが。。週末は峠で、水曜と木曜はデッサン教室でした。高校卒業したら美大へいこうと思ってたこともあったなー。遠い目
>
> 木炭でデッサンされ絵画大好きです。
> 人の似顔絵なら得意なんですが(いたずら書き)バイクはうまくかけないです、特にタイヤ!
> きれいな円かけないです、練習あるのみですかね?


峠とデッサン教室ってものすごいギャップですね!
ブログに作品をアップされることを楽しみにしてます!!!

その通り、タイヤを描くのは一番難しかったりします。
タイヤって微妙に円がずれていますよね。
タイヤの形しだいではバイクはガタガタに見えてしまいます。
そんなことを知っているベルボトムさんはやはり玄人ですね!

by hideo | 05 17, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム