ブルーのナックルヘッド

ブルーのナックルです。
70年以上も前のバイクですが、“レトロな感じが良い”というわけではなく、“今の感覚で本当にすばらしいデザイン”なのではないでしょうか。

*EL(ナックルヘッド)、ハーレーダビッドソンスタイルの原型となった空冷Vツインの先駆け。OHV(オーバーヘッドバルブ)もこのモデルが最初です。タンクの下、モーター上部分の形が握り拳に似ていることから“ナックルヘッド”と呼ばれるようになりました。
ブルーナックル750
Knucklehead  1710mm×915mm
*青い岩絵具(いわえのぐ)は大変高価なものです、その輝きはまさに宝石です。



銀箔と岩黒で描きました。
空間部分に色味があるのは、周りの景色が写り込んでいるためです。
一式500
一式戦闘機 915mm×540mm

*一式戦闘機(いっしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機です。
愛称は隼(はやぶさ)!
太平洋戦争(大東亜戦争)における陸軍主力戦闘機です。
総生産機数5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零戦に次いで二番目に多く、陸軍機としては第一位になります。

*ちなみに岩黒という岩絵具は、鉄鉱石を砕いたものです。この絵にも、バイクの絵にもぴったりの素材だと思いませんか。

[ 2010/04/14 18:51 ] Harley-Davidson Knuckle | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bikenoe.blog29.fc2.com/tb.php/23-8dcb6dd4