ついでにヘルメットも塗り替え

02 16, 2012 | helmet

9
いつも何かしら手を動かしていないと気が済みません。


先日来、シールドをいじっておりましたら
やはりヘルメットも塗り替えたくなってしまいました。



ということで、

今回は日本画の技術を応用してヘルメットペイントに挑戦です。

ヘルメット11
まずはマスキング。
*所々に入っている赤い色はちょこちょこ落書きした形跡です。


ヘルメット21
このIndianのロゴやマークは少し盛上がっていますので、ペーパーで磨いて落とすには骨が折れます。

そんな骨の折れる作業はいたしません。


ロゴマークを活かした形でペイントします。




ヘルメット91
購入したのはこの二本のみ。

カラーは『ブリティッシュグリーン』、ローバーのグリーンですね。


そして!

ヘルメット31
登場いたしますは、
日本画や仏具に使用する、『箔』です。

写真はサックスカラーに染め上げてある銀箔です。


これを、クリアーを吹きながら
ヘルメット41
貼る。

*クリアーが糊代わりです。


ヘルメット51
貼る。貼る。

その後、金箔や普通の銀箔など無造作に貼りまくります

グリーンも合わせて吹きながら、無造作に!


ほんまに無造作に貼りまくって・・・


最後に全面を金箔や銀箔が見えなくなるまでブリティッシュグリーンで覆います。




そして、



乾いたら磨く!

耐水ペーパー、コンパウンドで磨く!磨く!!






ヘルメット61
出来上がり。


*途中の写真が少なくて申しわけありません。
作業が面白いとつい写真を撮り忘れて次々と進めてしまいます。


ヘルメット71


ヘルメット81

Indianのロゴマークの厚みと、箔のマチエールを活かして、
遺跡から取り出したレリーフのような、幻想的な柄を作ってみました。




・・でもこの作業、
磨き出すまでどんな模様になるか分かりません。

一か八かの『捨てヘルメット』作業です。
失敗したら削って、磨いて、黒吹いてなかったことにするか、新しいものを購入する覚悟が必要となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
上手くいって良かった!

« 恋は滝を登る ヘルメットの曇りをなんとかしたい・・・ »

9 Comments

シールドに穴開け始めて大丈夫かと思っていましたョ。
このメットは凄くいい感じです!
茶道の茶碗?みたいに・・「わび・さび」を感じます。

by こてつぱん | 02 16, 2012 - URL [ edit ]

穴あけ方法、ありがとうございます。。。
そして、またまたこんな方法があるんですねって記事ですね。。。
仕上がりgoodですね(^-^)/

by castle | 02 17, 2012 - URLedit ]

castleさん、ありがとうございます。
これまでの数々の失敗が生み出した方法です。
上手くいってほっとしてます。
最後にクリアーをもう少し吹くかどうかまだ迷っています。

by 藤岡秀夫 | 02 17, 2012 - URL [ edit ]

言葉で上手くいえないが

凄くいい感じです!ヘルメットに引き込まれそう!!

方法知ってても俺には出来ません!!!

俺も欲しいです・・・・。

by アキラ | 02 20, 2012 - URL [ edit ]

アキラさん、ありがとうございます。
こういう作業は数々失敗してきましたので、ほんまに一か八かでした。
遠目に見るとただのグリーンですが、近くで見ると、「おっ」という感じで
お気に入りの一つになりました!
上手くいって良かったです。
*でも、あくまで素人作業ですから、細かな仕上げは目をつぶって・・・。

by 藤岡秀夫 | 02 20, 2012 - URL [ edit ]

こてつぱんさん、ありがとうございます。

近くで見ないと良さが分からないほんまに微妙なペイントです!
派手さは無いですが、グッときます。
これの辺りが『わびさび』を感じていただけるところでしょうか。
*シールドの穴は結構いいですよ!鼻が上を向いた私でも、信号待ちで曇りません。

by 藤岡秀夫 | 02 21, 2012 - URL [ edit ]

藤岡秀夫さん こんばんは

さすがです!
こんな発想があるなんて、ホント素敵です。
私もいろいろな発想をするのが好きなのですが、こんな事が考えられる藤岡秀夫さんは やっぱり違うなと思いました。
私の頭にこの発想もインプットさせていただきます。
その時は是非このアイデアを使わせてもらいますね。
次のアイデアのレポ楽しみに待ってます。(^^)

by ひろ | 02 23, 2012 - URL [ edit ]

ひろさん、ありがとうございます。
いろいろと発想するのは楽しいです。
今まで見てきたことや新しく学んだことを繋げたり、切ったり、結んだり、ひねったり・・。
頭の中でいろんな事柄をチョッパーバイクにしている様な感じです。

by 藤岡秀夫 | 02 23, 2012 - URL [ edit ]

YMさんありがとう!
下に描いた模様が盛上がるので、オリジナルの図柄をこんな風に加工することもできますよ!
途中の写真が少なくて申し訳ないですが、箔はもっと貼ります。
そして、箔を貼りながらスプレーを吹きますが、吹き方にはやっぱりある程度コツがいるのでまた機会をつくってご紹介しますね。

by 藤岡秀夫 | 03 03, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム