恋は滝を登る

02 20, 2012 | other works

3
今回も、以前Tシャツに描いたテーマを構図を変えて描いてみました。



『Love swimming up a waterfall by motorcycle』(727×500mm)

『恋』の滝登り・・・、

バイクに乗って恋は滝を登ります。




お察しの通り、

『鯉』を『恋』とするため、人魚に見立てて描いております。


絵画を美しく、テーマも美しく。
たまにはこういう絵を描くのも心の健康維持に良いかも知れません。





さて、

人魚を描いていて昔、子供の頃に「ジュゴンを人魚と間違った」なんて逸話を思い出しました。

この話を聞いて、私はどうしてもジュゴンと人魚を結び付けることが出来ず、頭を掻いたことを覚えています。
その後水族館など何度か出かける機会がありましたが、そこでもジュゴンを見る度、この話し自体が実は本当のことではないと疑うしかありませんでした。


私の中では今回の作品が物語るように、どうしても、魚の尾に綺麗な外人のお姉さんの上半身が繋がった、ディズニー的な人魚のイメージが離れないのです。

だって、ジュゴンは体重500kgぐらいあるんですよ!

絶対に結びつかないです。




しかししかし、この作品を描いておりましたら、ふと
こんなことに気がついたのです!


「そうか!ジュゴンを人魚と間違えた人は
普段から体格の大きな女性ばかり見ていたのかもしれない!」


その間違えた方は
伝記の中の生き物である、『人魚』をイメージした時点で既に

『ごっついお母ちゃんな上半身に魚の尾がついている』姿を頭の中に作り出していたのです。

そして、優雅に泳ぐジュゴンを見て、
「人魚が本当にいた!」と表現した・・・。



アリエル話?でしょうか。



お後がよろしいようで・・







・・・って、違いますね、ごめんなさい。
胸びれの付け根に乳頭があったり、立泳ぎで子供を抱いたりしている姿があるので、人に近い姿をしていると評判になったことから、ジュゴンから『人魚』というイメージが作られ、そのイメージが徐々に一人歩きしていったと考える方が自然ですね。



*ついで。
八百比丘尼(やおびくに)は、日本のほとんど全国に分布している伝説
若狭国のとある漁村の庄屋の家で、浜で拾ったという人魚の肉が振舞われた。村人たちは人魚の肉を食べれば永遠の命と若さが手に入ることは知っていたが、やはり不気味なためこっそり話し合い、食べた振りをして懐に入れ、帰り道に捨ててしまった。だが一人だけ話を聞いていなかった者がおり、それが八百比丘尼の父だった。
父がこっそり隠して置いた人魚の肉を、娘が盗み食いしてしまう。娘はそのまま、十代の美しさを保ったまま何百年も生きた。だが、結婚しても必ず夫に先立たれてしまい、父も年老いて死んでしまった。終いには村の人々に疎まれて尼となり、国中を周って貧しい人々を助けたが、最後には世を儚んで岩窟に消えた。(Wikipediaより)


私はこの話を聞いたことがあるようなないような・・、皆さんご存知でしたでしょうか?

*この話もジュゴンの肉が長寿に効くと言われたことと関係があるようですね。
ジュゴンと人魚の繋がりはいろんなアプローチがあってなんだか不思議です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« 再びベルト ついでにヘルメットも塗り替え »

3 Comments

コメントありがとうございます。
でもごめんなさい。ほんのほんのほんの少しだけ・・・。
ジュゴンを人魚と間違えたというのはやっぱり無理がありますよねえ。
調べていると、人の体に魚の尾がついた生き物のお話は場所も時代も様々にあるようで、まとめてみると面白いかもしれません。

by 藤岡秀夫 | 02 22, 2012 - URL [ edit ]

人魚(MERMAID)と言うと・・とても色っぽいです。
半魚人と言うと・・うめずかずおのマンガを思い出します。
マーメイドも半魚人と思うのは自分だけ?

歳くって・・半毛人もいやだな~(笑)

by こてつぱん | 02 24, 2012 - URL [ edit ]

こてつぱんさん、ありがとうございます。

私は半魚人というと上半身と下半身が逆をイメージしてしまいます。
でも実は、人魚もディズニーのアニメ以外はそれほど良いイメージで語られることはなく、
今回記事にした肉の話だったり、歌声に寄せられて・・・その後・・、
だったりとこわ~いお話の方が主流ですから、
半魚人と言ってしまっても、その方が合うかもしれませんね。

そして、『半毛人』とは中々。
私もすでに仲間入りしております。

by 藤岡秀夫 | 02 24, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム