桜雲

04 10, 2012 | Album

4
hirano201216.jpg

hirano20128.jpg

平野神社の桜も

昨日今日の暖かさで一斉に花が開き始めたようです。
8部咲きと行ったところでしょうか、少し影になるところでは開花してないものも。



しかし、いつもながら素晴らしい咲きっぷりです。
この景色を見ないと新年度は迎えられません。


昨年の4月、こんなことを書いておりました。

「私にとって桜は、気の弱い私の新しい季節を支え続けてくれる神様の一人。そして、私にとってお花見とは、桜の色が自然に自分の感覚に溶け込んでいく体験を通して、自分の『感覚の音合わせ』をすること。」


桜はやはり特別なものです。


hirano20121.jpghirano20122.jpghirano20126.jpg
hirano201212.jpghirano201210.jpghirano20124.jpg
hirano20125.jpghirano2023.jpghirano201211.jpg
hirano201213.jpghirano20127.jpghirano201214.jpg



桜は、花が『とても淡い』を鮮やかに感じさせてくれるといった限りなく情緒的で、限りなくやさしい美を現してくれているのみならず、
その『枝の振り方』にも独特の凄みを包んでいます。

hirano201215.jpghirano201218.jpghirano201217.jpg


hirano20129.jpg
平野神社の桜を私は特に雅に感じるのですが、その秘密はこの枝振りにあるのではないでしょうか。
(後ろの枝の形、想像のつくものではありません)




~~~○~~~


現在制作中!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« 教材研究 龍・虎・鹿 »

4 Comments

いつも花ばかり眺めていましたが、こうして枝と一緒に花を撮すなんて思いも付きませんでした。まだまだ修行が足りません。またまねさせてもらいたいと思います。

by paquito | 04 11, 2012 - URL [ edit ]

paquitoさん、ありがとうございます。
枝ぶりの中、どう花がついていくのか。幹の表皮の剥がれ具合はどうなっているか、淡い色の周りは何色が目に入るかなどなど・・桜は見れば見るほど趣深いです。

by 藤岡秀夫 | 04 11, 2012 - URL [ edit ]

さすが・・京都の桜はい趣が違います。
(絵を描かれ方の構図の違いなんですね)
同じような桜でも美しさが違います。
こんなに綺麗な桜の中にハーレーも入れてください・・

by こてつぱん | 04 11, 2012 - URL [ edit ]

こてつぱんさん、ありがとうございます。
ハーレーさんを入れるにはまず乗らないと・・・
構図に関しては、全体像をつかむような写真がほしいときファインダーを覗かないようにしています。
偶然の構図には結構な面白みが写り込みます。

by 藤岡秀夫 | 04 12, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム