NBAファイナル!

06 18, 2012 | Basktball

3
私はバスケットボールをプレーヤーとしてやったことはありませんが、バスケ部の顧問をしております。

もう13年になります。


学生時分は野球をしておりました。
その時は、こんなに面白いスポーツは他にない!と思いこんでおりました。


ですが、バスケットボールを知ってから、
すっかりバスケットボールファンの一人となってしまいました。


世の中いろんなスポーツがありますが、
実際関わってみると全てのスポーツが「これしかないわ!」という感動を与えてくれるものなのでしょうね。

私にとってバスケットボールと出会えたことは、人生の中でも最も素晴らしい出会いの一つだったと思っています。




で、
今はNBAファイナルの真っ最中!

Game3まで終わりましたが、良いですね、この人(ケビン・デュラント)↓

20101020172646b7d_20120618141457.jpg
” World Championship MVP(1280×920mm) *2年前のワールドカップ後に描いたものです。”

今日は負けてしまいましたが、また当然のごとくアメリカ代表にも選ばれて、なんとも言い難いセンスのあるバスケットをしています。

*身長206cmですが、ウィングスパンはなんと224cm!!!


~~~○~~~○~~~
しかしながら、
バスケットボールは日本では不思議な状態にあるスポーツです。

「スラムダンク」という漫画は皆知っていますが、
「バスケって何人でするもの?」と、
問いかけると「5人」と正解を答えてくれる人はそれほど多くありません。

私の勤める京都市内に、中学男子バスケットボールは69チームあります。
反面、男子バレーボールは25チームです。

*ちなみに我がチームは三学年で60人!おります。

バスケットボールの人気ぶりを伺えます。
競技人口はサッカー、野球に比べても引けを取らない。
ですが、バスケットボールと関わったことのない人からすれば、ルールも全く分かりません。


人気のあるスポーツにしては知っている人と知らない人の差が極端なのです。

一つはルールが難しいということも原因として挙げられると思います。
私自身も覚えるまでにかなりの時間を費やしました。
おそらく、長くバスケットボールに親しんでいないと、ファールの判定など全く分かりません。


でも・・それにしても極端です。
お隣の中国では三億人のバスケットボールファンがいると言われるくらい人気の高いスポーツで、
北京オリンピックで中国選手団の旗手を勤めたのもバスケットボール選手でした(ドイツも)。


しかし日本では、女子代表が二年前のワールドカップで得点王、アシスト王を取ったことを誰も知りません。



競技の認知度を上げるには、代表の強さも多いに要因の一つかも知れませんが、
彼らは勝てずとも相当の努力をしています。

やっぱり大きな原因は、認知度を上げるために、理事会トップに麻生太郎さんなんて度素人を持ってくるような、
協会にありはしませんか?


この夏、中学男子でもボールが6号から7号に、そしてスリーポイントのラインも遠くなるルール変更があります。

普通の中学一年生は今でもスリーポイントなんか全く届きません。

サッカーは昨年、小学6年生も11人制から8人制に切り替えました。
野球も中学生はずっと昔から軟式ボールを扱っています。
でも、代表は強い。

なぜ、バスケは中学生から世界選手権と同じボール同じ距離、同じルールでせねばならないのですか?


もう少し、バスケの魅力に出会ってからでは駄目ですか?
遅いですか?
(ついでに、麻生さんが日本バスケ界のトップにいる必要はどこにあるのですか?)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
と、最後は結局モンクになってしまいました。ごめんなさい。

« ジーパンがほしい・・ タイムマシン!!! »

3 Comments

私もバスケは体育でちょっとかじった程度ですね。。。
でも、最後のアマチュアとプロのルールを同じにする必要はないでしょうね。。。それより体力にあったルールーにして、バスケット人口を増やしやすい環境にすべきでしょう。。。
(麻生さんは今更必要ないでしょう(-_-;))

by castle | 06 19, 2012 - URLedit ]

castleさん、ありがとうございます。

上の人たちは全然、末端でバスケットをしている子供たちのことを考えていないのでしょう。

ちなみに麻生さんは昨年度のウィンターカップ(高校生の全国大会)決勝、試合前の挨拶で出場校の名前を間違えたそうです。
漢字、苦手なようです。

by 藤岡秀夫 | 06 19, 2012 - URL [ edit ]

○○○○○○○○○○○○○さん、ありがとうございます。
非公開ってことでいいですか?

でも、ほんまにバスケの上には頭が堅い人が多いようです。

それらをぶっ壊してやろうと、協会とは別にプロリーグを作った人もいましたが、
後を追うようにして出来た協会の方のプロリーグは相変わらず・・・

二つのプロリーグはやっと統一の動きが見えてきているようですが、
これもどうなるか・・・、
結局、なかなかプロリーグを作ることが出来なかった状態に似ているような気がします。

先に出来た方には、もう統一なんかせずに、
どんどん拡大を目指してくれた方が良いのではと思います。

by 藤岡秀夫 | 06 20, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集
作品ご希望の方お問い合わせください。
イベントなど作品貸し出します。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
所さんのサイン (7)
世田谷ベース (4)
exhibition (5)
Harley-Davidson (99)
HDJ! (1)
Single (15)
Twin (10)
Flat (16)
Knuckle (18)
Knuckle 『ある難しい質問』 (1)
Pan (19)
XR (2)
Shovel (7)
evolution (5)
Twin Cam (1)
Chopper (4)
Classic-Motorcycle (59)
crocker (1)
Ducati (2)
Norton (10)
BMW (4)
Garelli (1)
Motoguzzi (4)
Triumph (5)
Honda (10)
kawasaki (2)
Suzuki (13)
Yamaha (7)
other works (93)
Apple (1)
American Eagle(迷い・考) (1)
American Buffalo (3)
Demon (3)
heavy metal (2)
Lotus (2)
Ford (10)
pistol (4)
boots (1)
excalibur (2)
tank (3)
kids kitchen (2)
beads (2)
welcomeboard (1)
helmet (31)
竜燈鬼(デッサン考) (1)
雪だるま (4)
TimeMachine (2)
Two wheels forever (1)
illustration (44)
Pinstripe (4)
革 (52)
saddlebag (2)
T-shirts (27)
こんな展示どうでしょう (10)
other (481)
Album (137)
Atelier (8)
散策 (23)
exhibition report (6)
cinema report (11)
日本画技法 (10)
日本画技法(金箔考) (1)
日本画技法(目について) (1)
Basktball (20)
SEMBA (1)
VIBES (2)
CLUB HARLEY (3)
daiet (5)
木工 (8)
つぶやき (16)
つぶやき(自由・考) (1)
プラモデル (2)
猫 (8)
らーめん (39)
とんかつ (3)
肉など (24)
SUZUKA (13)
釣り! (31)
愛車 (73)
未分類 (1)
Renault (3)
イラスト (1)
My Works
rakugaki11のコピー150
↑作品集はこちら↑
twitter
Link
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム