FXS ローライダー

05 11, 2010 | Shovel

0
77年のFXS、ローライダーです。

エアクリーナーからエキゾーストの一体感はさすがというほかありません。
このエキゾーストの取回しと、大きくてはっきりとしたHARLEY-DAVIDSONのロゴが描きたくて、このモデルを描きました。

しかし、描いていくうちに思ったのですが、意外に手間がかかるのです。
もっとあっさり描けるかなあと思っていたのですが、中身がぎゅっと詰まっていました。

ナックルやサイドバルブにくらべて、見えている部分でボルトの数が多いような気もしますし・・・(気のせいかな?)。
このモデルはハーレーでも本格的にカスタムの市場を狙ってつくられたとのことですが、その辺りの事情と関係があるのでしょうか。

私はメカにはド素人ですから、あくまで絵描きとして見た目だけでの感想ですが、
バランスを取り過ぎているような感じがします。

“しっかり中身が詰まっていて形の上でバランスをきちんと取り過ぎている”

言ってしまえば、このままで最高にカッコいいわけですが、ほんの少しまとまり過ぎているのです。


けれども、そこをあえて一度バランスを崩してから再度組み直していくことがカスタムであるとするならば、

その“バランスの崩し方”が、自分流のカスタムを生むのかもしれません。


この、ほんの少し取り過ぎたバランスを「どう切り崩しますか」と、ユーザーに問うているとするならば、HARLEY-DAVIDSONは本当に、“粋”なメーカーだなあと感心するばかりです。


*でも、もし今このバイクを手に入れたなら、私は絶対にカスタムしません。

ローライダー
Low Rider 1810mm×920mm

この絵を描く際、気分を盛り上げようと中高生の頃好きだった“メタリカ”をガンガンにかけてみました。
80年代に戻って、バイクを走らせる優越感!!!

なんてことはありえませんが、
なんだか気分は最高!
・・・でした。
*ウルリッヒのドラムはやっぱりすばらしい!


*そして、忘れてならないのは、タンクにあるAMFの文字です。
この当時ハーレーはAMFに買収されていました。
ロゴ
この辺りのことはもっと勉強してから触れたいと思います。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

« サックスブルーのバックにWLAを描きました SERIAL NUMBER ONE »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム