ヘルメットを塗るのですが・・

08 20, 2012 | helmet

2
イージーライダースのビンテージヘルメットを購入してみました。



めっちゃ小さいので下膨れの私はやはり、『おかめさん』のようになってしまいます。


でもこのヘルメット、キャンバス目的の購入です。
被るというより、塗る。
(被るなら15kgはやせないといけません。ほんまに顔がはみ出しますから)



と、いうことで。
早速思いつきのまま、風の吹くまま行き当たりばったりに、しかも手持ちのスプレーで。

helmet2.jpg

まずは下地のつもりで銀色にしました。
(ん、これで終わってもいいかも)


helmet3.jpg
マスキングしてラインを出してみました。

全く物足りません。


更に色とラインを追加してみます。


helmet4.jpg


helmet5.jpg

作業はドキドキするほど楽しいのですが、

ん?なんだかイメージと離れていく・・


helmet6.jpg

もっと離れていく・・


仕上がりをイメージせずに作業していくとどうなるか?
自らよう〜く分かっておりますので、一抹の不安がよぎります。


「何事も経験」と、
自分に言い聞かせて気持ちを落ち着かせ・・

つづく、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« 続・ヘルメット 早速描き出しました。 »

2 Comments

簡単そうに見えるんで、「自分もやろうかな?」ってなりますが、実際やってみると難しいですよね(^^ゞ
なかなかイイ感じに見えますが、イメージと離れていってるんですね。。。

by castle | 08 20, 2012 - URLedit ]

castleさん、ありがとうございます。
実際にやってみて厄介になるのは色の選択とその値段だと思います。
クリヤーも含めて何本か用意すると意外とかかるんですよね~。
そして、イメージはもっともっとビンテージを目指していたのです・・
やっぱり手間を惜しむと駄目ですね。

by 藤岡秀夫 | 08 20, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム