8-VALVE

05 25, 2010 | Twin

0
8-VALVEです。

大事に描きました。

描いてみて実感しましたが、本当にタイヤが大きいです。
形としては非常に美しいのですが・・・、

エンジンとタイヤしかない印象の上に、タイヤの大きさが強調されて、これに本当に人が乗るの?といった恐怖を感じてしまいました。

しかも、この時代のレースの路面は板!(ボードトラック)
オイルを垂れ流してブレーキ無しで駆け抜けていたそうです。

信じられない!

でもそんなレース一度見てみたい。


8-VALVE 1810×920mm

※この作品も本当にいいものに仕上がりました。
ですが、どうも緑色(錆緑青・黄茶緑など)が写真では上手く出てくれません。
実際はもっとふわっとした中にも落ち着きのある、『何ともいい色』としか表現できない”いい緑色”をしています。
HARLEYのロゴなど、実際に見ていただかないと伝わらない良さがいっぱいです。


そして、ステンシルです。
楽しすぎます。
しかし!、あまり大きな文字はステンシルには向いていないようです。
最初は「やってしもた!」というようなにじみが出てしまいました。
修正につぐ修正でなんとか見れるまで持っていきました。
これだけ修正するなら、最初から手書きの方が良かったのでは?と、考えてしまうほどでした。
sokonoanta1.jpg
sokonoanta2.jpg
でも、面白いでしょ。
*ある方のあるブランドのパクリですが、まあまあの出来ということで勘弁して下さい。
ちなみにANTAの下にはTRANSITION、YANKARの下はREBOUNDと、大好きなBasketBallの“最も大事な言葉”を刻んでいます。
*更に、ボディ側面下部の黒い帯とホイールの黒も自分で塗ったりしています。


こちらのロゴはHIACEの字体をそのままにステンシル!
hideo1.jpg
いかがでしょう?
こちらは完全オリジナル!
MYACEロゴ(HIACEロゴをもじったもので普通に売っています)よりはイッケテルヤンカー!
と、言ってあげて下さい。


« B2010 ついでに »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム