うどんが届きました!

03 18, 2013 | Album

4
musasinoudon.jpg
『武蔵野うどん』

ブロ友のこてつぱんさん!からの贈り物です。

『この前の日本画ご苦労さま・・うどん』です!
ありがとうございまっす!


musasinoudon1.jpg
いつものように家族全員でいただきまっす!!

何人前を戴いても必ず取り合いになるのが分かっておりますので、
嫁が炊き込みご飯を付け合わせました。


mesasinoudon2.jpg
が、しかしっ! 無類の麺好き一家はやっぱり取り合い。。
(次男の目線がうどんに釘付け。)

そして最後には、嫁が用意した炊き込みご飯の味が薄い!と
つけ汁を炊き込みご飯にかける子供達&父。

これがまためちゃうま。




冷たいうどんをアツアツのつけ汁で食べるのは初体験でしたが、激ウマですね!

この食べ方は関東の方では一般的なのかな?
関西ではあまり聞いたことが無いですよね。
うどんに豚肉というだけであまり聞かないかも知れません。
(つけ汁の色が黒いのもそれなりの驚きです。)

でも最近はそうでもないのかな?
いろんなお店があるけれどほとんど行ったことが無いのでなんとも言えない・・とほほ。。

ですので食べる前に、
きちんと食すにはどのような形式で食べるのが一番良いのか調べようと、
このうどんのお店『藤原』のHPを見たのですが、おったまげました。。
↑必ず見てください。


何だこの色?!
『ブートジョロキア』ジョロキア地獄なる耳慣れぬ言葉もさることながらこの色!!

凄まじい色ですね。生涯忘れなさそうな色合いです。
武蔵野うどん恐るべし!

って、この赤みが武蔵野うどんだ!という訳ではないですね。(ですよね?)

さすがに、こてつぱんさんから戴いたセットにジョロキアは入っておりませんでしたが、
うちでは少しだけ真似た気分で舞妓はんひぃ〜ひぃ〜をたっぷりかけていただきましたよ。

京都のうどんは柔らかいのが多いですから、
こういうしっかりしたうどんの方がこれぞうどんっ!という感じで私はこちらの方が好きです。
近頃京都でしっかりしたうどんの店が人気があるのはうなずけます!


こてつぱんさん、いつもありがとうございます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« 13 Black cats ソロサドルのつづき。 »

4 Comments

うどんより二人の目が!!

by key | 03 19, 2013 - URL [ edit ]

keyさん、ありがとう!
> うどんより二人の目が!!
自分のお椀に入っているものよりも兄貴のうどんの取り方が気になっている父親似の次男。。
でもこの後、残しておいたもう半分が出てきて一安心の彼でした。

by 藤岡秀夫 | 03 19, 2013 - URL [ edit ]

肉汁は武蔵野うどんの特徴かもしれませんネ。
ここになぜかキンピラゴボウがついたりまします。

うどんを食べに行って思うことがあります。
腰があるうどんと、チャント茹でてのかが解らない時があります。
(腰がある⇒硬いうどん?違う・・)

藤岡さん・・都落ちできた時には・・
下品なお店紹介しますよ~(笑)

by こてつぱん | 03 19, 2013 - URLedit ]

こてつぱんさん、ありがとうございます。
> 肉汁は武蔵野うどんの特徴かもしれませんネ。
> ここになぜかキンピラゴボウがついたりまします。
肉汁とキンピラゴボウ・・合うでしょうねぇ〜
炊き込みご飯を鶏ゴボウメシにしたら良かったかも知れません。

> うどんを食べに行って思うことがあります。
> 腰があるうどんと、チャント茹でてのかが解らない時があります。
> (腰がある⇒硬いうどん?違う・・)

> 藤岡さん・・都落ちできた時には・・
> 下品なお店紹介しますよ~(笑)
京都の昼飯屋では細めで柔こいのがほとんどですから(歯が要らない。)
硬いうどんと出会ったことがありません。是非是非よろしくお願いします!(今の都は東京ですよ〜)

東海文化圏で育ったワタシは下品なうどんと言えば『みそ煮込み』!を思い出しましたが、
そういえば、みそ煮込みは硬ったくてチャント茹でてない食感です。
しっかり茹でても硬い、というより『芯があるもの』です。
たぶん、食べ慣れてないと「きちんと茹でてください!」と店の人に言ってしまうと思います。

でもこれ、茹で時間とかでなく、どうやら『塩』の量?に秘密があるようですよ。

by 藤岡秀夫 | 03 20, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム