博士の軍隊

06 11, 2010 | tank

0
5月放送の世田谷ベースで衝撃をくらった、英光博士のスカルヘッドな軍隊を描いてしまいました。
(スカルヘッドはフルフェイスのヘルメットです)

普通に戦車を描こうとしていたのですが、思わず人物を骸骨(ヘルメット)にしてしまいました。

74式
74式:Skull Head Armed forces 900×580mm


私は今、“ほしいもの”、所有したいものだけではなく、“見たり触ったり、感じたりすると心が動くもの”を単純に、かろやかに描くことを目的に制作を行っています。

しかし、それまでは芸術家を目指して、作品の中に“個性”を詰め込むことばかり考えて、複雑で重たいものばかり作り続けてきました。
かなり初めの頃から、自分は芸術家に必要な“作品の上での強い個性”を持ち合わせていないと分かりながら個性を探し続け、なんとか詰め込むことばかり考えてきました。

『いったい何を詰め込もうとしていたのでしょう』

個性とは生まれながらにして持っている個人固有の、その人だけのすばらしい“輝き”です。

私はそれを「磨く」というごまかしの言葉の元で、いつまでも“無いものをある”と、大きく大きく背伸びだけしてきました。



私には少しだけ描く技術が備わっています。
それ以外はバイクや車が好きな普通のおっさんです。
(ゴム人間のように太ったりやせたりを繰り返していることは、ちょっと普通とは言えませんが・・・)

そんな普通のおっさんが最近、確信めいて強く思うことがあります。
それは、個性は『自然でやわらかい、かろやかな心持ちのもとではじめて、ほんの少しだけ顔をのぞかせるものである』ということです。

ムリは禁物、大事なことは自然体です。

私の個性は本当に小さなものです。
「描くこと」と「描くものを選ぶこと」ぐらいが私の個性の精一杯であって、
逆に言えば、背伸びして作品に個性を詰め込もうとすることは、自分で自分の首を絞めることでしかありません。


だからこの絵の場合、
英光博士の個性から“作る楽しさ”を分けていただいた。

そんな心持ちです。

結果、すごく楽しく描けましたし、作品もすごくいいものに仕上がりました!
(実際に間近でご覧いただくと、質感など本当にこんなもんじゃないのです!)
フルヘル

いつか博士に見てもらいたいなあ・・・

« ワールドカップ! 高校生のときに描いた〈マイケル・ドゥーハン〉 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム