楽天が持っていくのかぁ。。

10 24, 2013 | つぶやき

0
ところで。


プロ野球のドラフト会議は一体いつまで『くじ引き』をするつもりなのでしょう?




自分は選手としてやったことの無いバスケットボール部の顧問を続けて14年、
そのおかげで自然と見ることになったNBA、そしてそのドラフト。
とってもややこしいけどとっても合理的なので、日本の野球のドラフトがとっても幼く見えてしまうようになりました。




その『NBAドラフト』では前のシーズンに最下位のチームが必然的に最初の一位指名権を得るのです。
もちろん、特別『力』のある選手が強いチームに偏らないようにするためです。

そしてなんと!
その一巡目や二巡目の指名権までをトレードの対象としています。


一巡目の指名権を手放しても今活躍している選手を引き抜くかどうかを選択できるわけです。
とっても合理的だと思います。
今年リーグ優勝した楽天が一番人気の選手を何のリスクも無く普通に持っていくようなことはないのです。
ドラフトのギリギリまでその動向に注目が集まりファンの興味も釘づけです。



日本野球のドラフトのようなやり方では、
やはり強いところは強いまま、最下位のチームなど来年も最下位になるべくしてなるしか無い。
そんな状況が続くのは当たり前のような気がしてなりません。
*しかしこの状況で楽天が9年目にしてリーグ優勝できたのは奇跡的だと思いますが。。


更に、NBAではチーム全体で選手に使える年俸の上限も決まっていて
お金でものを言わせるような球団は存在し得ないようになっています。
*スター選手自身が「どうしても優勝したい!」と、自分の年某を低くしてでも良い選手とチームを組みたいと思うことは実現されます。


ほんまにただのぼやきになりますが、
野球や柔道、相撲に代表されるように日本のスポーツ業界は古い人がのさばり過ぎていて何かしら障害になってはいないでしょうか?
未だにナベツネさんのような人が表に出てくるのはもう考えたくない事柄です。





*ただ・・、
2013年にプロリーグはひとつになる!と話し合いを続けて来たはずの日本の二つのプロバスケットボールは、
結局、あとからプロになったリーグの方が名称をNBLとかえただけで何ら変化はありませんでした。
こちらはNBAの話など全く関係なく、
上記のそれらよりもっと低レベルで箸にも棒にもかかりません・・。
(ファンとか完全に無視です。)

・・なんせ理事長はあの麻生さんだもんね。




それと、『外れ一位』という表現はいつから始まったのでしょう?
今まであまり聞いたことが無いように思いますが・・
くじ引きに外れたからって次の指名者を『外れ』と呼ぶのは選手に対してもの凄く失礼だと思います。

こういう言葉をテレビで普通に使って欲しくないなぁ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« ねこかわいがり。 悪いことしたらどうなるの? »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム