レザーワッペン

01 27, 2014 |

4

いろんな図柄を描いてきたN–1の背中です。

この「13 Black Cats」も
そろそろ飽きてきましたのでなんとかしましょう。

でも直接絵の具で描いたこの絵をなんとかするには
これを覆い隠すような物以外なんともできません。



で、いろいろ考えたあげく思いつきましたのは

革でワッペン!



fossors1.jpg
早速描きます。
先日のイラストが面白いテーマを思いつかせてくれました。




スーベルカッターで切り込みを入れて、
刻印で段差をつけ、
アンティックダイで濃淡をプラスし、
油塗ったり、コバを磨いて・・・



fossors3.jpg
出来ました!


いつも、作業が楽しいとバババッ!っと一気に作り上げてしまいますので、
作業時間は一晩です。

*途中経過を写真で残したいですね



fossors5.jpg

テーマは『FOSSOR』
お墓を掘る人です。
ローマ時代、墓堀人は石を掘る人、石に文字を刻む人や描く人と共に聖職だったそうです。



*今まで気付きませんでしたが、レザーワッペンも簡単に作れるんですね!・・ムフフ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« フロントフェンダー外してみる 落書きで、 »

4 Comments

イイ感じに仕上がっていますネ!
春になったらこれを来てバイクで走ってください!!^^v

by こてつぱん | 01 28, 2014 - URLedit ]

こてつぱんさん、ありがとうございます。
上手く仕上がるかドキドキでしたがなんとか面白い物が出来ました。
早く春になって欲しいですね!

by 藤岡秀夫 | 01 29, 2014 - URL [ edit ]

凄いΣ(・□・;)

by castle | 02 01, 2014 - URL [ edit ]

castleさん、ありがとうございます。
ちょっとやり過ぎました。
でも、バイク乗るにはこれくらいがちょうど?・・でしょうか。

by 藤岡秀夫 | 02 01, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム