母校の卒展、あっ!マラソン!

02 16, 2014 | exhibition report

0
朝、まだ早い時間です。


天神さん前から比叡山がとても美しく見えました。

しかし
そんなのん気なことを言うてられるのはこの時間帯だけでした。




seisakuten5.jpg
京都の市内中に延々とならぶコーンたち。

世の中にこんなにもコーンが存在するのか・・というほどのおびただしい数です。



seisakuten2.jpg
そう、今日は京都マラソン。



seisakuten4.jpg
私の目指した場所には何やらビニールに包まれたこれまた大量の荷物。
*10tトラックの列から放出されていました。


そうです、ここはマラソンのゴール地点である平安神宮!


しかし、
自分はマラソンの感動のゴールを見届けにきたわけではなく・・




seisakuten3.jpg
母校、京都芸大の卒展を見に来たのです。
(はがきを頂いたYさん、ありがとう!)




でも、岡崎公園は封鎖状態。
地下駐車場は完全封鎖。。


ゴールですからここの封鎖は10時過ぎから6時間ほど続くそうです。

自分は早い時間をねらって美術館にたどり着くことは出来ましたが、
地方から今日見に来られる親御さんなどほんまに困るでしょうね。

しかもおそらく美術館に入ることの無い方ばかり一万人以上が集います。


なぜ11日(火)の建国記念日に開けていないのかもかなり不思議でしたが
12日(水)からスタートして最終16日の日曜日がこの状態では・・。

しかもマラソンの方が後から日程が決まっているのは明らかですから
卒業生としては、ちと寂しい。

*それとも集客をねらっている?・・わけないですね。
美術館から美術館の別館方面に交差点を渡ることが出来ないのですから・・




この展覧会は卒業作品だけでなく、現役生全員の作品が展示されています。
学生は皆、かなりの想いを持って制作に臨んでいます。

行政からすると芸大など・・ということはこのご時世何かとあるとは思いますが
歴史のある市立の芸大なのですから、
なんとかきちんとした形の展覧会だけは守って欲しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング

« Garuḍa アトリエ »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム