ビー玉

06 29, 2010 | other works

0
ビー玉は私が子供の頃もそこに転がっていました。


ビー玉で、よく友人と当てあいなどして遊んだことを覚えています。

そして今も、私の横には何も変わらないビー玉が転がっています。

ビー玉1
ビー玉  157×226mm


もちろん、当時使っていたものではありませんが、そこに転がっているビー玉は、間違いなく同じものです。


レトロな物に雰囲気の良さを感じることは多々ありますが、ほとんどのものが、今はそのデザインや形を変えています。

しかしビー玉は、今店頭に並んでいるものを見ても、“僕が持っていたものっ!”と自分の年齢までも錯覚してしまうほど、あまりに変わっていません。

『この一つのビー玉が30年の間、どこをどう転がってきたのか想像することは、よほど楽しい時間だと感じます』



« もう一つブログ開設しました。 1927 J »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム