渡月橋スケッチ。

昨日の嵯峨野散策の最終目的地にて、


皆でスケッチです。
(これはワタクシが描いたもの。風景のスケッチなぞ何年ぶりでしょう・・お恥ずかしや)


大慌てで描いて、一時間と少しでしょうか。

こういう風景のスケッチは、
目前の静物モチーフを描くより難しいものです。
山は木の集まり、川は小波の集まりですから当然ですね。


もちろんある程度は描く前から分かっておりましたので、
子供たちには描く場所、描くもの、描き方まで指導をしておいたつもりでしたが
自分で描き出してすぐ、「こりゃヤバい!」と焦るほど。
むしろ、なまじ経験の積んだ方なら人前で描くことは避けることでしょう。

それでも一生懸命に集中して描いた人の中には
中々どうして良い作品を仕上げてくれた人がいたことに感激しましたよ!



描くことは「見る」こと。
むしろ「見る」勉強のための描く作業です。
しっかりと集中して自分が見た証を画面に刻み続けた作業の量がものを言います。

*自分の作品もあと一時間描かせてもらえたなら、もう少し・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2014/04/25 21:49 ] other 散策 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bikenoe.blog29.fc2.com/tb.php/534-042a6835