自由研究の更に続き(2010.8.19)

08 19, 2010 | cinema report

0
連日猛烈に暑いですが、今日も昼間はバスケットボール。
(私がしているわけではありません、横で見て文句を言うだけです。)

さて、自由研究の続きです。

今回は1969年公開(Easy Riderと同じ年)の〈明日なき野郎どもRUN ANGEL RUN!〉
を鑑賞しました。
RUNANGEL.jpg
この映画はバイク乗りがどうのといったテーマではなく、
当時の若者に対して“夫婦愛”とはなにか、また、生きるとはどういうことかを教えようとした、

少し切り口の違う映画でした。


一番印象に残る事柄としては、

女性の「私を愛して」
という、普遍的な?欲求が、ダイレクトに描かれていたことです。

*負けず劣らず、男性の「妻はこうあるべき!」
なんていうありふれた欲求も描かれていたりしますが・・・。


この辺りは、時代が違えど変わりはないんだなあ、とほのぼのと見ておりました。
がしかし!、その描き方はさすがバイク映画なのか、本当に大胆でダイレクトです。


若者の言い分だけではなく、
その強烈な自己主張をする若者に対しての、親父達のメッセージが込められていうようで、

良い映画だと感じました。


*しかしながら、〈明日なき野郎ども〉という邦題はどこからくるのでしょう?
最後、明日が見えたような気がしましたが・・・。
“野郎ども”が、彼らのことだけを言っているのであれば、確かに明日はない‥、かな。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑よろしければポチッとお願いします。

« 続・続・族?自由研究(2010.8.22) 製作中です!(2010.8.18) »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム