続・続・族?自由研究(2010.8.22)

08 22, 2010 | cinema report

9
そろそろ夏の自由研究も仕上げにしていかなければ、
といったところですが、

新たに見た映画は1970年公開の〈殴り込みライダー部隊 THE LOSERS〉と、同じく1970年公開〈FIVE EASY PIECES〉です。


まず、THE LOSERS ですが、
この映画はバイカーがベトナム戦争にかり出されて、バイクに機関銃をくっつけてひと暴れ!
です。


最後まで辛抱強く見てみると

反戦と自由に対しての主張がそれなりに見えてきます。
The Losers
しかし、その主張を描くにはモチーフとして無茶な物を持ってきたなあ、

というのが素直な感想です。

今これをやったら完全にお笑いで済まされてしまうでしょう。
*出だしは、血が飛んでしまう特攻野郎Aチームのような雰囲気です。
(特攻野郎Aチームは、最近新たな映画が公開するそうです)


バイカーというだけで、捨て犬のような扱い・・・、
でも、それが映画のモチーフになりうるわけですから、

“ただ単にアウトローで嫌われ者だったということだけではなく、どこかしら愛された存在”

普通一般の人からすると、忌み嫌う存在ではあるが、どこか憧れる面があって興味を引かれる。
といったところでしょうか。




そして、こちらはジャックニコルソン主演という繋がりだけで、
バイクが出てこない70年映画はどんなものか鑑賞してみた作品です。
Five Easy Pieces


ごめんなさい。

ジャックニコルソンがやっぱりカッコいいというだけで、

バイクが出てこない分、最後まで鑑賞するのは辛かったです。


最後はとってもシュールな終り方でした。
最後どうなるのか!?だけを見るためにだらだら鑑賞したような印象です。


この夏の自由研究、

結論が見い出せません。


前にも述べましたが、
一つはっきりと言えることは、EASY RIDERという映画はこの当時の他のバイク映画と比べて、

明らかに別格だった!

ということですが、


それ以上のことを結論づけることが出来ません。

確かにこの当時バイクを自由の象徴として扱い、野外で生活をした者達が
相当世間からつまはじきにされたということは感じましたが、

では実際に彼らがどのように暮らし、
何を考えて日々過ごしていたか、本当のところはさすがに見えてきませんでした。

また、私の興味あるところとしては
「その後、彼らはいかに世の中を渡っていったか」も大きな要素なのですが、

この辺りも全く分かりませんでした。

この課題はまだまだ今後に継続として、
じっくりと文献などあさり、考えていきたいと思います。


とりあえず、10本立て続けに見てみましたが、
バイク映画はしばらく、おなかいっぱい、胸いっぱい・・・です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑↓↓↓よろしければ両方クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

« 風神(2010.8.24) 自由研究の更に続き(2010.8.19) »

9 Comments

藤岡さん

こんばんわ。
自由研究お疲れ様でした。
バイクに乗って旅をした事はありますか。なかなか良いもんですよ。お時間あれば、是非やってみてください。研究が前進するかも知れません。

red_chopper

by red_chopper | 08 22, 2010 - URLedit ]

イージーライダーは学生時代見たんですが、
きっと私にはその良さは理解できていなかったです。

アメリカ人の自由を求める欲求は独特ですね。
この頃からアメリカではニューエイジ、精神世界への関心なども盛り上がって、
「魂の自由」を求めつつ自由の解釈に苦戦して、結局は成就しないまま現在に至っているような・・

そう思うと体を張って自由に生きようとした人達は健全ですね。
ただ、健全であってもリアルな現実にいつまでも抵抗できたかどうか・・ ですね

by key | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

・・?
さっきコメント入れたんですが、反映されてないです
失敗したかな・・

ところで、先輩のこの自由研究って「自由」の研究ですね。
ちょっと軽くなりますが、80年の「ブルースブラザーズ」が私の
ベスト・アメリカ映画です。
とても自由なジョン・ベルーシが素敵です。

by key | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

実は、10数年前までV-MAXに乗っておりました。

今は、

またバイクに乗りたい!

という強い思いでバイクの絵を描がいています。


そして、この自由研究については、
まさに導入に過ぎないものとなってしまいました。

これから、もっと幅広くそれこそ“自由に”研究していきたいと思います。
*もちろん再びバイクに乗って・・・。

by hideo | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

ブルース・ブラザーズ大好きです!

早速もう一度鑑賞しようと、借りてきてしまいました。

*先日、ブルースブラザーズのワッペンも購入したのですが、どこに貼ろうか検討中です!

by hideo | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

ちょっと考えてみました。

70年代のイージーライダーの登場人物たちっって、
自由のために「抵抗」し、なにか大きなものと戦った印象です。

対して80年代のブルースブラザーズはあるがままに身を任せて
抵抗することなく、ただ自由に生きたって感じです。
敵はどんどん作っちゃうのですが、彼ら自身は何も敵だと認識しておらず、
認識していないから戦う必要もなく、無敵であるという感じ。

諦観ではなく達観という感じでしょうか。
この2作品の間には大きな進化があるような無いような・・

私は先輩は後者だと思いますが、どうでしょう。

by key | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

keyさん
返事の難しいコメントをありがとう!

まあ、私のことはさておき、

70年から80年、
そして、大きな波とともに
今にもその流れがつづいている。

まるで、Harley-Davidsonのエンジンの流れのような・・・。


でも、ひょっとすると、大きなつながりがあるのかも知れません。

by hideo | 08 24, 2010 - URL [ edit ]

先輩のジュニア達に背負わせるとか、どうでしょう。

ジェイクとエルウッドのように自由にたくましく成長することを願って!

by key | 08 28, 2010 - URL [ edit ]

ちょっと、たくましすぎるかな。

今度ワッペンアップしますね。

by hideo | 08 28, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Profile

藤岡秀夫

Author:藤岡秀夫
1999年に京都市立芸大・大学院・日本画を修了。
美術教師兼、オートバイを描く日本画家。
Vintage Harley-Davidson、Classic-Motorcycleなど描きます。

所さんの世田谷ベース

Daytona

VIBES

CLUB HARLEY

展示企画常時募集、
作品ご希望の方お問い合わせください。
(貸画廊の案内はご遠慮願います)

Category
My Works
rakugaki11のコピー150
Link
T-SHIRTS
Comments
Archive
You can see my works here
o049103781281943018734.jpg vives-web_banner.jpg
Counter
検索フォーム