面相をカスタム


rakugaki1702101.jpg
落描きにはサラサラとインクが出て少し太めの線が引ける
SARASAボールペンの0.7を使用することが多いのですが、

その変え芯を何本か購入し、装着してみますと!⬇︎。


赤のポッチが1つだけ大きい。。

気になってアップしてしまいました。




〜さて〜

私がいつも使用しております、

corinsky.jpg
『不朽堂』さんの『コリンスキー』面相です。

毛先が繊細なタッチに向いており、
絵の具のふくみがとても良いのでいつもこれしか使いません。
ですが、一本のお値段はこの『別小』という先の細い小さなもので、2500円ぐらいしてしまいます。


これがだいたい一、二作品描いたら毛先が擦れて繊細な表現ができなくなります。

corinsky2.jpg
⬆︎
毛先がつぶれています。


そこで、
先が繊細でふくみの良い筆を少し割安で作り出すため、
こんな工夫をすることもあります。

corinsky4.jpg
『別小』は不朽堂さんしか作っていませんので、
少し割安のメーカーの『小』を購入し、

ロウ付けした革縫い用の糸で縛り、

menso2.jpg
扱い易い筆先にカスタム。

こうすると先は短く、繊細な表現が可能なふくみの良い筆が生まれます。

革細工がこんなところで役立ちました。


〜&〜
途中経過

cityfordtochu730.jpg
ここから、掘り出していくように描いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2017/02/09 20:43 ] other 日本画技法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bikenoe.blog29.fc2.com/tb.php/768-4c1815d6