かからし釣り

naruto1.jpg
鳴門海峡大橋が見える、南あわじです。

地元では『かからし釣り』と言われる釣りにチャレンジして来ました。

一般的には『たて釣り』とか『落とし込み』と呼ばれる釣りです。
船でイワシの群れを探し、そのイワシボールへ餌も何もつけないサビキを投入します。
そうするとまず、針にイワシが掛かります。
イワシが掛かれば、そのまま底まで落とし込んで行くと
針に掛かったイワシたちは自動的に群れから外れたイワシとなり、
大物が食い上げてくる。
そんな釣りです。

仕掛けが簡単なので経験の浅い人も楽しめる上、
かなり豪快な釣りですから経験豊富な人も絶対ハマる釣りで、めちゃくちゃ面白いです。


hiramechan1.jpg
ヒラメをゲット!!


魚種はヒラメ、カンパチ、ツバス、メジロ、タイ、サワラなどなど、イワシを食う魚ならなんでも掛かる可能性があります。

この日はツバスが入れ食い。
船に乗っていた6人で100匹近く釣れてしまいました。
釣りと言うより『漁』でした。

しかし、ツバスが先にかかる分、それより大きなメジロやカンパチ、ヒラメなどは中々掛かってくれません。
そこが難しいといえば難しいところです。
ヒラメやタイは食うのが遅いので、それを待っているとツバスが同時に三匹掛かってしまうような状況でした。


hiramenosashimi.jpg
ヒラメはやっぱりお刺身で。





〜そして、〜

sawara1908.jpg
こちらは別の日、いつものカヤック釣行です。

ジグのジャカ巻きに70cmのサワラが三連発!



tubasunoyukke.jpg
ツバスのユッケや

sawaranotataki2.jpg
サワラのタタキにアコウの刺身

夏の終わりは魚料理が満載。


しかし、今ある包丁では満足に魚を捌けません。

と、言うことで・・

sawarakamadashi.jpg
嫁が半分に割れなかったサワラのお頭が赤出汁にガッツり。

サワラのお顔は何万年も前の生き物のようです。

サワラは中々獰猛なわりに、ツバスなどいつまでもピチピチ跳ねている魚と違って
釣り上げるとすぐに死んでしまいます。
サワラは足が早いというのがよく良く分かります。


とりあえず、自分も魚を捌くのを練習したいので、
出刃と柳刃はきちんとした物を近々用意しようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ村人気ランキング
[ 2019/08/24 22:06 ] other 釣り! | TB(0) | CM(4)

でかいヒラメです! 
釣りに行って食べられる獲物をゲット!!
刺身で一杯呑みたい!!!
[ 2019/08/26 07:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こてつぱんさん、ありがとうございます\(^^)/

釣れた魚で一杯、最高です!

最近は海釣りの魅力にはまってしまい、
琵琶湖にあまり行かなくなってしまいました。
[ 2019/08/26 07:21 ] [ 編集 ]

いやぁ、これは最高の肴ですね♪

やっぱ食べれる魚ですかね (笑)
[ 2019/08/26 08:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

むらさん、ありがとうございます。

やっぱり、食べられるに越したことはないかと。
引きも強いし。
旨いし。

でも、バスもやりますよ!
[ 2019/08/26 08:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bikenoe.blog29.fc2.com/tb.php/907-7225c145